海南省、2030年までに新エネ車100%普及を実現へ―中国

配信日時:2018年4月14日(土) 8時20分
海南省、2030年までに新エネ車100%普及を実現へ―中国
画像ID  962776
海南省の沈暁明省長は、「海南省は島全体の新エネ車100%普及を2030年までに実現する計画を立てている」と述べた。写真は中国の電気自動車。
9日にボアオ・アジアフォーラム2018年年次総会で開かれた「21世紀海上シルクロード島嶼経済」サブフォーラムにおいて、海南省の沈暁明(シェン・シャオミン)省長は、「海南省は島全体の新エネ車100%普及を2030年までに実現する計画を立てている。実現に向けてまず政府機関の車を新エネ車に切り替え、次に路線バスやタクシー、清掃車など公共事業用の車を新エネ車に切り替える。そして第3ステップが個人所有の自家用車となる」と話した。新華社が伝えた。

沈省長は「新エネ車普及を促進するのは、海南省のグリーン発展における責任を意識してのことだ。世界の島嶼経済体のため、グリーン・エネルギー普及の見本になりたい」と表明した。

全省「第13次五カ年計画」新エネ車普及目標によると、海南省は2020年末までに新エネ車を3万台以上普及させ、充電ポールを2万8000基以上建設する必要がある。昨年末までに全省新エネ車保有台数は1万5000台を突破し、全省の自動車保有台数の約1%を占めた。分散型充電ポールは2881基(うち公共充電スポットは2323基)に達した。昨年は全省で新エネ車7268台が普及し、年間4960台という目標の1.47倍に達した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/14 09:01)

    >新エネ車を3万台以上普及させ、充電ポールを2万8000基以上建設する必要がある 充電に要する時間を考えたら、長蛇の行列ができて、割り込み客のトラブルが続出するだろう。家庭用電源で充電するシステムを確立しなくては〈エコ車〉普及は難しいだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事