ジャイアントコーンそっくり…韓国でまた日本製品の盗作疑惑=韓国ネット「日本がいなくなったらどうする?」「韓国独自のものはない?」

配信日時:2018年4月11日(水) 21時10分
ジャイアントコーンそっくり…韓国でまた日本製品の盗作疑惑
画像ID  981255
10日、韓国メディアによると、韓国の食品会社「ピングレ」が発売したアイスクリーム「スーパーコーン」に盗作疑惑が持ち上がっている。資料写真。
2018年4月10日、韓国・グローバル経済新聞によると、韓国の食品会社「ピングレ」が発売したアイスクリーム「スーパーコーン」に盗作疑惑が持ち上がっている。

記事によると、同社は5日、100億ウォン(約10億円)を投資し4年間の研究の末に完成させた「スーパーコーン」を発売し、不振が続いていたアイスクリーム市場の攻略を本格的に開始した。しかし、発売と同時に「日本のグリコの製品であるジャイアントコーンに似ている」との指摘が出たという。

記事は両製品の写真を掲載し、「パッケージのデザインだけでなく、製品の形や特徴、味などが非常に類似している。2製品はどちらも3角形状の包装方式を採用し、他社の製品と差別化した」と伝えている。

また、スーパーコーンはピングレが1980年代に発売した「ハリケーンコーン」を進化させた製品で、当時からパッケージのデザインはやはり3角形状の包装方式を使用しているとのこと。

同社関係者は取材に対し「議論の余地がある製品外観については内部で検討する予定」と話したという。

韓国では今年初めにも、大手製菓会社「オリオン」が発売した生チョコレートが「日本のロイズを模倣した」として物議を醸していた。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「完全に同じなのに『まねしていない』だって?『酒は飲んだけど飲酒運転はしていない』と言っているようなもの」「恥ずかしい。今はもう日本のものをパクらなくてもいい時代でしょ?」「ずいぶん前に発売された日本のアイスと同じものを作って『開発しました』だと?」「日本がいなくなったらどうする?お菓子の1つも作れずに…」などピングレへの批判の声が相次いでいる。中には「100億ウォンは誰の懐へ?」と不正を疑う声も。

また、「まねしたことを認めない後進的な精神が不快」と同社の対応に不満を示す声も上がった。

一方、「パクった分、安く売ってくれればいい」「私たちの思い出のお菓子はほとんどが日本のもの」「食品だけではない。屋台文化、運動会文化、お花見文化、飲み会文化…。むしろ韓国独自のものを探す方が難しい」「正直、日本の製品をうらやむ気持ちは分かる。それでもほどほどにね」など理解を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事