「忘れたら負けだから…」韓国の市内バスに慰安婦広告が登場し大反響

配信日時:2018年4月10日(火) 21時40分
「忘れたら負けだから…」韓国のバスに慰安婦広告が登場し反響
画像ID  980949
10日、韓国日報は、韓国の高校生たちが「日本軍慰安婦被害者の痛みを記憶し、歴史の教訓にしよう」と呼び掛けるバス広告を制作し、大きな反響を呼んでいると伝えた。写真は元慰安婦らが共同生活を送る「ナヌムの家」併設の日本軍慰安婦歴史館。
2018年4月10日、韓国日報は、韓国の高校生たちが「日本軍慰安婦被害者の痛みを記憶し、歴史の教訓にしよう」と呼び掛けるバス広告を制作し、大きな反響を呼んでいると伝えた。

記事によると、忠清南道公州市の中心を走るバスに「慰安婦少女像」の写真と「忘れたら負けだから」と書かれた広告が掲載され、市民らの注目を集めている。「忘れたら負けだから」との言葉は、元慰安婦の苦痛を描いた韓国映画「アイキャンスピーク」で主人公が世界に向かって叫んだ言葉だという。また広告には、小さい文字で「記憶しない歴史は繰り返される。(元慰安婦の)おばあさんたちの痛みを共に記憶しよう!」との文章も書かれている。これについて記事は「歴史が記憶から少しずつ消えている韓国社会の現実に警鐘を鳴らしている」と伝えている。

同広告は公州高校1年生の生徒たちが提案したもので、「つらい歴史が繰り返されないよう記憶し、おばあさんたちを応援することが子孫の役割。日本の心からの謝罪と賠償が実現するよう、私たちの心を1つにしようと考えた」と説明している。

広告の制作には、生徒たちがフリーマーケットの開催などで集めた資金が使われた。生徒たちが依頼した市内バスの広告代行業者の代表は「生徒たちの考えに感心し、生徒たちのデザイン案を基に広告を制作して掲載した。1カ月の契約だが、1年は掲載するつもり」と話した。

なお、生徒たちは今後も元慰安婦を支援する活動を続けていくそうで、現在は「元慰安婦のための広告シーズン2」を企画しているとのこと。

このニュースに、韓国のネットユーザーから「立派だ」「頼もしい若者たち。ありがたいし尊敬する」「こんなにかっこいい高校生がいるの?」「実際に行動する良心に感動」など称賛の声が数多く寄せられている。そのほか、「韓国政府がすべきことなのに」「日本政府はこれを見て恥ずかしくない?」などの声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事