米中貿易戦争で分かる日本人の民族性―米華字メディア

配信日時:2018年4月11日(水) 7時20分
米中貿易戦争で分かる日本人の民族性―米華字メディア
画像ID  980900
9日、米華字メディアの多維新聞は、「米中貿易戦争から日本の国民性が分かる」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年4月9日、米華字メディアの多維新聞は、「米中貿易戦争から日本の国民性が分かる」とする記事を掲載した。

記事は、「貿易戦争は経済にとって良いことではなく、米中という2大経済大国による貿易摩擦は国際的な貿易にも影響を及ぼす」と指摘。「多くの国が心配している中で、日本のネットユーザーの反応は非常に意外なものだった」とした。

記事は例として、日本のネットユーザーが残した「中国頑張れ」「米国に対して強く出られる中国がうらやましい」といったコメントを紹介した。その上で、「これまでは中国が問題に直面すると、日本メディアやネットでは『不幸を喜ぶ』姿勢が多かった」とし、今回日本人の反応がこれまでと異なっている理由について、「日本もかつての貿易戦での被害者であることも関係している」と指摘した。ただし、「『うらやましい』という心理にはさらに多くのことが関係している」とも。

記事は「矛盾だらけの民族性である日本は、歴史的に強者を崇拝し服従する習慣がある。古代では唐を崇拝し、後の日英同盟、日独同盟なども同じ理屈だ」と主張。「同様に第2次世界大戦後は米国の最も良き友人となった」と論じた。

一方で、「日本民族には異なる一面もある」と分析。「軍事や外交面で制限を受けているものの、現状には決して満足しない。中国の台頭後、米国の威嚇はますます強くなっており、日本が『うらやましい』というのは、強者に服従すると同時に、服従したくないという気持ちがあるためで、何でも米国に同調する日本政府の姿勢は国民の反感を買った。日本のネットユーザーは1980年代の日米貿易戦を忘れてはおらず、日本に損失を与えたことを覚えているのだ」と論を進めた。

記事は「日本のネットユーザーの態度の変化から、日本は非常に矛盾した性格であることが分かる。強者に対しては崇拝と悔しさの間で揺れ動いているのである」とし、「国際情勢は絶えず変化している。特に政治や経済の面で激動する中で、日本が直面する外的要素はますます複雑になっているため、この『揺れ』も大きくなっている。これは次に日本を屈服させる国が出るまで続くだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/05/03 08:19)

    >>「矛盾だらけの民族性である日本は、歴史的に強者を崇拝し服従する習慣がある。古代では唐を崇拝し、後の日英同盟、日独同盟なども同じ理屈だ」 毎度なんだかこんなトンチンカンな事言ってるが。 日本人が尊崇するのは「学ぶ価値のある相手」だけだよ。だから古代には隋唐を手本にしたし、明治維新前後には欧米の科学文明を吸収した。 現代日本で >>強者を崇拝し服従する っていう連中は「本来の右翼」とはかけ離れたアメの手先になってる経済右翼くらいなもんだ。 逆に軍国右翼は国内も周囲も見えてないから、国内経済無視して軍事力を強化すれば国際社会での地位が向上すると思いこんでるしな。 この二つの派閥が極右の中心で、「中道右派より左」の考えを否定して「サヨク」だの「アカ」だのと民衆を扇動するもんだから、日本の政治はおかしなことになってる。 まあ、だからって中共に媚びへつらうつもりは更々無いけどね。アメと変わらんし
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/04/17 04:16)

    今世界が狂い始めている。 アメリカのやっている事は自国のみ儲かればそれで善いと無謀な程に金儲け主義。 アメリカの自動車会社の車が売れないのは、車の定価に自動車会社の利益がやたら多く乗せられて売られている。 日本の車は定価を利益が薄くても低価格で販売している。 つまり同じ利益を生むには、日本車はアメリカの倍売らないと利益は産まれない。 なのにアメリカが取った利益の出し方は、日本の自動車会社に言い掛かりを付けて多額の賠償金を請求。 それがまともな国のやり方なのか? 韓国は、物価を倍ほど高く持ち上げているが現実の質に比例していない。 中国も同様に、物価を3倍ほど高く持ち上げているが実質が伴っていない。 世界基準を同等にしたのだろうが、急激に額面をデカくしただけで本質は、物価に追いついていない。 このままでは中国と韓国は、世界で商売が出来なくなるかも知れない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 芥川 ***** | (2018/04/15 10:25)

    果たしてそうであろうか? 「中国頑張れ!」とか「米国に強気で出られる中国が羨ましい」とか、思って居る日本人はごく少数で、大多数の日本人は「思考停止」或いは「アメリカ的思考回路」に洗脳された“家畜人間”の国なのである。 此の記事に書かれて居る様な、「何でもアメリカの言うがまま」の政府に“嫌気がさして来ている”のなら嬉しい事だけど・・・。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事