米国との貿易摩擦、「最後に笑うのはわれわれ」と自信―中国外交部

配信日時:2018年4月10日(火) 14時50分
米国との貿易摩擦、「最後に笑うのはわれわれ」と自信―中国外交部
画像ID  980830
9日、観察者網によると、中国外交部の耿爽報道官が9日の定例記者会見で、激化する米国との貿易摩擦に関し、「最後に笑うのはわれわれだと確信を持っている」と述べた。資料写真。
2018年4月9日、観察者網によると、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官が9日の定例記者会見で、激化する米国との貿易摩擦に関し、「最後に笑うのはわれわれだと確信を持っている」と述べた。

9日の記者会見で、記者から「中国商務部は、今の状況では貿易問題で米国と交渉することはあり得ないと述べているが、中国は米国との交渉を望まないということか」との質問があった。これに対し、耿報道官は「制裁というこん棒を振りかざしながら、交渉したいという。そんな芝居を誰に見せるのか」と、米国の姿勢を批判した。

その上で耿報道官は、「今の米中貿易摩擦は米国が一方的に挑発しており、責任は完全に米側にある」と主張。「中国の措置はやむを得ないもので、米国のユニラテラリズムに対する報復であり、カウンター攻撃である。自身の正当で合法的権益を守るためであり、グローバル貿易システムを守るための責任ある行為だ」と中国による報復措置の正当性を強調した。

さらに、「米国は形勢を誤って判断したり、幻想を抱いたりして、誤った道を突き進むべきではない。中国はすでに具体的な対抗措置を準備している。米国が新たに1000億ドル(約10兆7000億円)の関税リストを発表するなら、われわれは直ちに反撃する。中国人はこれまでも有言実行であった。自身の正当な合法的権益を守る中国の決意や意志を見くびるべきではない。最後に笑うのはわれわれだと確信している」と述べ、一歩も引かない考えを示した。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/10 20:58)

    >最後に笑うのはわれわれだと確信している その〈われわれ〉が中国の一般家計でないでないことは確かである。中国政府のプライドを守るため、どれだけの国民が貧困に苦しむことだろう。〈文化大革命〉で多くの餓死者を出した教訓が生きていないようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事