「中国は当時の日本とは違う」=米メディアがトランプ大統領に警鐘―中国紙

配信日時:2018年4月10日(火) 17時40分
「中国は当時の日本とは違う」=米メディアがトランプ大統領に警鐘
画像ID  980822
10日、環球時報は「今の中国はかつての日米貿易摩擦時の日本とは別物である」として、米メディアがトランプ米大統領に対して警鐘を鳴らしていると報じた。資料写真。
2018年4月10日、環球時報は「今の中国はかつての日米貿易摩擦時の日本とは別物である」として、米メディアがトランプ米大統領に対して警鐘を鳴らしていると報じた。

記事は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの8日付記事を引用。「今の中国同様、かつての日本も巨額の対米貿易黒字を持ち、産業政策を利用して自国企業をグローバル企業に変えるとともに、さまざまな方式によって米国の技術を獲得した。これに対し米国は、1974年の通商法301条を突きつけた。現在、米政府は中国に対し同様の手段を行使しているが、日米貿易摩擦を経験した共和党員によれば『日本と中国では全く話が違う』とのことだ」と伝えた。

そして「第2次世界大戦の敗戦により世界的な野心が打ち砕かれ、米国への依存が必要だった日本とは異なり、中国は民族主義にあふれる国であり、世界のリーダーに返り咲くと固く信じるとともに、その過程で世界トップクラスの軍隊を作り上げている。日本は米国に対し報復措置を取らなかったが、中国はすぐさま報復措置を発表した」と指摘している。

また、「中国は政治的な影響を受けやすい米国製品にターゲットを絞って攻撃し、貿易戦争を米国にとって非常にコストの高いものにして米国の退却を狙っている」と説明。「そのためには中国経済に多少の損傷があっても構わないという姿勢である」と伝えた。

記事はさらに「現在、トランプ大統領が中国を威嚇する一方で、その補佐役たちは『貿易戦争は起きていない』と発言することで市場をなだめようとしている。クリントン政権で日本との協定締結に関わったクライド・プレストウィッツ氏は『このような不確定要素が、トランプ氏に対する米国内そして中国人の信頼を破壊している』と述べた」としている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 二十世***** | (2018/04/11 20:27)

    【日本は米国に対し報復措置を取らなかったのではなく、取れなかったのは明白。当時米国の共和党議員が、日本のステレオラジカセを大ハンマーでたたき壊すパフォーマンスは覚えている。戦後処理から今まで売国しているのだから、日本が米国の言いなりは当然とばかりに…。】
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/04/10 20:53)

    中国が貿易戦争を怖れていないなら、黙って成り行きをながめていればいい。あまり〈ギャンギャン〉騒ぎすぎると、ビビっていることが知られてしまうだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事