兵馬俑破損事件、米国が中国に書面で正式に陳謝―中国メディア

配信日時:2018年4月10日(火) 10時10分
兵馬俑破損事件、米国が中国に書面で正式に陳謝
画像ID  971052
2カ月前に中国の兵馬俑の文化財が米フィラデルフィア州のフランクリン科学博物館で展示された際、来場者に兵馬俑の指をもぎ取られた事件は、全世界の注目を集めた。写真は西安の兵馬俑。
2カ月前に中国の兵馬俑の文化財が米フィラデルフィア州のフランクリン科学博物館で展示された際、来場者に兵馬俑の指をもぎ取られた事件は、全世界の注目を集めた。逮捕された男の行為と博物館側の職務上の過失に対し、人々は心を痛めるとともに強い憤りを覚えた。中国中央テレビ(CCTV)ニュースアプリが伝えた。

逮捕された男はその後保釈され、法廷での裁判を待っており、最高で懲役30年の判決が下される可能性がある。一方、フィラデルフィア市議会はこのほど、中国に書面で正式に陳謝するという決議を採択した。

市議会のデビッド・オー議員は、「今回の事件が起こったのは、展覧会主催者側の事前準備が不足していたことも原因のひとつだ。市役所は私設博物館の監督管理権を有してはいないが、今後も引き続き、文化交流活動における海外文化財に対してより慎重な保護を呼びかけていく。また、市民が文化財の価値、そして両国国民の友情と感情を尊重するよう、教育活動も展開する必要がある」とコメントした。

この書面による陳謝状は、すでに在ニューヨーク中国総領事館の章啓月(ジャン・チーユエ)総領事に手渡され、中国側から書面による返事を得て、現地時間4月5日に陝西省文化財交流センターに転送された。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事