Record China

ヘッドライン:

「美人なので仕事したくありません」という物乞い出現―中国

配信日時:2018年4月9日(月) 23時50分
拡大
8日、中国で「美人なので仕事したくありません」と書かれた札を掲げて物乞いをする女性が微博上で紹介され、物議を醸している。写真は微博より。

2018年4月8日、中国で「美人なので仕事したくありません」と書かれた札を掲げて物乞いをする女性が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で紹介され、物議を醸している。

複数の微博アカウントによると、雲南省麗江市にある象山市場内の果物売り場近くに、民族衣装風の服を着た女性1人が地面に座っていた。女性の前には「お恵み」を受けるための小さな紙箱が置かれており、中に0.5元(約8円)のコインが入っている。女性は「私は美人に生まれ、天性の麗しい気品と花のような美貌を持っています。それゆえ、働きたくないので、ここで物乞いをしています」と書かれたボードを置いていた。

中国のネットユーザーからは、批判的な意見や感想が圧倒的に多く寄せられた。中でも「これほどまでに厚顔無恥な人間がいるとは」というコメントに対し、最も多くの「いいね!」が付いている。

このほか「美貌という言葉の意味を勘違いしているかも」「どういう修練を積んだら、面の皮がこんなに厚くなるのか」「合ってるのは『働きたくないから物乞いする』ってところだけ」などといった感想が見られた。

また、「そんなことしてたら、餓死するよ」「お金を入れる人がいるのか知りたい」「0.5元のコインは自分で拾って入れたんだろう」など、紙箱の中身や実際に「成果」が得られるのかどうかについて興味を持つユーザーもいる。さらに「ネット上で有名人になりたいんだろう」「どうせネタか何かだろ」「パフォーマンスアートか」など、売名行為の可能性を指摘する意見も少なくない。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「又吉さんが真剣な目つきで『僕を中国に連れて行ってくれませんか』と言った」=「火花」を翻訳した中国人作家が語る舞台裏―中国メディア

日本の芸人・又吉さんは招きに応じて中国を訪問し、「火花」の中国語翻訳者である毛さんと上海で対話イベントに参加し、中国の読者と交流した。イベント開催期間中、毛さんは人民網の独占インタビューに応えた。毛丹青氏(左)と又吉直樹氏(右)。

人民網日本語版
2017年6月29日 22時30分
続きを読む

ランキング