2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

外国人に大人気の「和牛」、実は日本人はあまり食べていない?―台湾メディア

配信日時:2018年4月10日(火) 6時50分
外国人に大人気の和牛、日本人はあまり食べていない?―台湾メディア
画像ID  980581
8日、台湾・中国時報電子版は、日本のグルメとして外国人に愛されている「和牛」が、実は日本人にはあまり食べられていないと報じた。資料写真。
2018年4月8日、台湾・中国時報電子版は、日本のグルメとして外国人に愛されている「和牛」が、実は日本人にはあまり食べられていないと報じた。

記事は「先日、台湾で日本の和牛の輸入が解禁され、多くのグルメ愛好家たちがその味を堪能しようと考えていることだろうが、日本の統計データによると、和牛は値段が高すぎて日本人ですらあまり食べられない、あるいはまったく食べない状況になっている」と伝えた。そして、農林水産省の統計として、日本国内で消費される牛肉の大多数は米国産、豪州産であり、国産でも純粋な和牛は全体の17%しかいないと紹介している。

そして、日本では出産から生後10カ月程度まで育てる繁殖農家が4万戸あるものの、その多くが零細経営であるうえ、従事者の高齢化も重なって廃業する人が増えており、子牛の数が減少して供給量に影響が出ていると説明。これに伴い小売市場でも和牛の価格が大きく上昇していると伝えた。

農畜産業振興機構の調査によると、和牛サーロイン100グラム当たりの価格は1367円で、3年前より約2割上昇したという。記事は、「価格の高騰が日本人の和牛離れに拍車をかけているとともに、一般家庭において牛肉を食べる量自体が減っている」とし、総務省の調査で2人以上の世帯の年間牛肉購入量が20年間で半減し、逆に鶏肉と豚肉がそれぞれ3割増加したとの結果が出たことを紹介している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/04/15 01:37)

    お店屋では余り和牛は食べていない。 その代わりに日本人は家庭で食べています。 今の日本ではお店で食べてもお値打ちな物は多いが家庭内で美味しいものを食べる人が多い。 焼肉も、肉を買ってきて家庭内で家族で食べる方が安いのだ。 東京は別として田舎の方が豪華なものを家庭で食べ習慣は多い。 そしてそれぞれ家庭の隠し割りが有り、焼肉のタレも、しゃぶしゃぶも、お好み焼きのソースもそれぞれの家庭の味がある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 二十世***** | (2018/04/12 17:48)

    【焼肉屋でさえA5ランクの和牛を置いてある店は少ない。私が知っている店は中野にある1軒のみ。すき焼きを出す高級和食料理店でもあまりお目には掛かれない。高すぎる一因として、闇の流通経路も一時問題になった。しかし、沢山食べたい方には必要あるまい…。】
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/04/10 13:58)

    半分が牛脂である霜降り肉より、赤身の方がおいしいと思うけど。 焼き加減、調味料などで工夫すれば美味しいステーキになる。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事