Record China

ヘッドライン:

「被害者が外国人だったからでは?」=日本人の盗難自転車、すぐ戻る―湖北省武漢市

配信日時:2012年2月22日(水) 13時48分
拡大
1/8枚
2012年2月21日付の中国新聞網によると、自転車で世界一周を目指している日本人青年が今月17日、湖北省の省都・武漢市で自転車を盗まれるという事件が起きた。しかし、武漢市警察当局の捜査により3日後には自転車が発見され、持ち主の青年のもとへ無事戻るところとなった。

その他の写真

この事件について、一部市民の間から「盗難に遭ったのが日本人だったから、刑事事件として捜査に力を入れたのではないか」との声が出ている。こうした声に対し、武漢市公安局は「盗難に遭ったのが外国人だったからではなく、自転車の価格が1万7000元(約22万円)と高額で、刑事事件として立件する基準を満たしていたことから、そのように捜査を行った」としている。当局は、「同様の事件についてはすべて立件し捜査を行っているが、現状としては解決に至らぬ案件も多い。解決に至る条件を満たしていないものが多いことと、有効な捜査展開において力不足の点があるのも否めない」と説明した。

また、短期間で自転車が発見できた要因について武漢市公安局は、盗まれた自転車の外観的特徴がはっきりしていたことと、地元メディアがこれを積極的に取り上げたことで多数の市民が捜査に協力してくれたことを挙げ、最終的には市内のある自転車愛好家からの情報提供が発見の決め手になったことを明らかにしている。

自転車を盗まれた28歳の青年は17日午後、歩行者天国となっている場所を歩くために付近の駐輪場に自転車を預けようとしたが、自転車にスタンドがついていなかったため駐輪場内にうまく停車できず、駐輪場付近の壁に立てかける形で置いて行った。駐輪場には管理人がおり、当初は彼が自転車を見ていてくれると言っていたが、管理人が退勤した30分後に青年が戻ると、自転車はなくなっていたという。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

<レコチャ広場>「中国人はいつから盗っ人の代名詞に?」=日本人旅行者の自転車盗難事件で

17日、自転車をこいで世界一周を目指している日本人の青年が、中国の内陸・湖北省武漢市でその愛車を盗まれてしまった事件が、地元民たちの間で話題となった。事件は20日に無事に解決。自転車は持ち主のところへ帰ったのだが…。

Record china
2012年2月21日 19時44分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング