Record China

ヘッドライン:

ロシアが米国の投資で北方領土に発電所建設を計画、日本が不快感―中国メディア

配信日時:2018年4月5日(木) 10時20分
拡大
4日、中国メディアの時訊網は、ロシアが米国とともに北方領土の色丹島にディーゼル発電所の建設を計画していることに、日本が不快感を示したと報じた。資料写真。

2018年4月4日、中国メディアの時訊網は、ロシアが米国とともに北方領土の色丹島にディーゼル発電所の建設を計画していることに、日本が不快感を示したと報じた。

ロシア通信の報道として伝えたもので、河野太郎外相は4日の衆議院外務委員会で、「北方領土問題に関するわが国の立場に相いれない。北方四島の中で第三国の企業が経済活動に従事することは極めて遺憾だ」と述べ、ロシアと米国に抗議したことを明らかにした。

北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のコジェミャコ知事は先月、色丹島で水産加工工場用の電力を供給するディーゼル発電所の建設に米国企業が投資することが決まったと明らかにしていた。

記事は、河野外相の抗議に対し、ロシアのネット上に「これは私たちの島だ。その島に何を建設するかは私たちが決める」「国後、色丹、歯舞、択捉の4島はみなロシアの領土だ。日本があれこれ言う権利はない」などの声が寄せられていることを伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

中国海軍が初めてオホーツク海・北方四島近くで軍事演習、満州事変勃発の9.18に開始―中国メディア

中国海軍はロシア海軍と合同で、18日から21日までオホーツク海の北方四島近くで軍事演習を行う。中国海軍がオホーツク海で軍事演習を行うのは初めて。9月18日は1931年に満州事変が勃発した日で、中国では同日前後に反日意識が高まる時期だ。資料写真。

Record China
2017年9月16日 23時50分
続きを読む

北方領土問題、「画期的な進展は容易ではない」と中国国営メディア、日ロ両国の関係強化は歓迎せず?

中国国営新華社通信は4月末の日ロ首脳会談に関する記事で北方領土問題に言及、「日ロ関係が短期間で画期的な進展するのは容易ではない」と伝えた。そこには日ロ関係の強化を必ずしも歓迎しない中国の思惑も垣間見える。写真は日本政府の領土問題ポスター。

Record China
2017年5月5日 21時0分
続きを読む

対ロ経済協力相「北方領土が未解決のまま日本の経済協力が先行することはあり得ない」=それでも根強い“食い逃げ”懸念―日ロ首脳会談

12日、ロシアのプーチン大統領が15日に来日するのを前に、世耕対ロ経済協力相・経済産業相が日本記者クラブで会見し、16日に安倍首相との間で文書の調印・交換が行われることを明らかにした。

八牧浩行
2016年12月14日 5時20分
続きを読む

ランキング