Record China

ヘッドライン:

世界一周の道中で自転車が盗難に!現地で話題の日本人青年、愛車が戻る―中国

配信日時:2012年2月21日(火) 11時6分
拡大
20日、自転車をこいで世界一周を目指している日本人の青年が、中国の内陸・湖北省武漢市でその愛車を盗まれてしまった事件で、無事に自転車を取り戻したことがわかった。
(1/2枚)

2012年2月20日、自転車をこいで世界一周を目指している日本人の青年が、中国の内陸・湖北省武漢市でその愛車を盗まれてしまった事件で、無事に自転車を取り戻したことがわかった。長江日報の報道。

その他の写真

17日、市内の駐輪場に自転車を停めた青年。この駐輪場には午後8時までは管理人がいたが、やや遅れて自転車を取りに戻ると、自転車はすでになくなっていた。その場ですぐに警察に届けたが、現地のテレビ局や新聞社がこれを取り上げるなどして地元市民の間で話題となり、連日のように取材が殺到したり、市民から心配や激励のメッセージが数百件以上も届いたりしている。本人がフェイスブックで、届いたメッセージの数々を紹介しているが、中には「新しい自転車を提供したい」との声も。本人も「絶対諦めないよ!!!!(フェイスブックより)」としていた。

20日深夜、ついに愛車が見つかり、現地当局はさっそく持ち主にこれを返還した。青年は、「この17日間、武漢のみなさんのやさしさにたくさん触れることができました。盗難の件については、落ち込んでいません。日本の友人にもこれを伝えたい」としている。

日本で医療関係に従事するその青年は、昨秋に大阪から世界一周の旅をスタート。中国から中東、欧州、アフリカ、アメリカを目指す計画だ。中国入りしてからは上海・杭州・蘇州を経て今月3日に長江をさかのぼった武漢へ。この後は西安をめざし、新疆ウイグル自治区から次の国を目指す。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

ランキング