中国が米国に報復措置、128品目に高関税=中国の反応は?

配信日時:2018年4月2日(月) 14時10分
中国が米国に報復措置、128品目に高関税=中国の反応は?
画像ID  978870
米国の輸入制限への対抗措置として、中国が米国からの輸入品に追加関税を課すことを発表した。資料写真。
2018年4月2日、観察者網によると、米国が鉄鋼・アルミ製品に対する輸入関税を課したことへの対抗措置として、中国は米国からの輸入品に追加関税を課すことを発表した。

中国財政部が1日に発表したリストによると、関税対象は128品目。フルーツなど120品目に15%の追加関税を、豚肉など8品目には25%の追加関税を上乗せする。4月2日から実施するという。

中国政府はトランプ政権の鉄鋼・アルミ製品に対する輸入関税について、「世界貿易機関(WTO)のルールに反する」と指摘しており、「中国の利益に深刻な損害を与えた」と主張している。

トランプ政権は中国の知的財産権侵害を制裁の対象としている。状況によっては中国が追加策を講じる可能性もあり、米中間の貿易戦争がさらに激化する恐れもある。

この報道に、中国のネットユーザーは次のようなコメントを書き込んでいる。

「中国政府の決定を支持する!」
「こういうのは最初に手を出した方の負けだ」
「米国の思惑通りにはなかなか行かない」
「中国と戦いたければそうすればいい」

「関税の対象は農産物ばかりだけど、工業製品にも対象にすべきでは?」
「対象が農産物ばかりなのは、農民がトランプ政権の最大支持層だから」
「大豆もリストに入れるべき」
「うわさされた大豆がリストに入っていない。まだ様子見?」

「大豆は影響が大きい」
「大豆に追加関税を課すかどうかは、われわれ次第だということを示している」
「中国国内の大豆需要は大きい。別の輸入元を確保してからだろう」
「いずれにしても米国の出方次第だ」(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/02 19:50)

    >中国は米国からの輸入品に追加関税を課すことを発表した 中国国内で売られるフルーツの値段が上がるだけではないか。工業製品と違って〈農産物〉は急に増産できないからだ。来年を見据えて収穫高を増やしたとしても、そのころには貿易戦争が終わっているかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事