Record China

ヘッドライン:

日本人はなぜ運転が下手なのか―中国メディア

配信日時:2018年4月4日(水) 1時10分
拡大
30日、環球網は、日本人の自動車運転が上手でない理由について日本メディアが解説したことを伝えた。資料写真。

2018年3月30日、環球網は、日本人の自動車運転が上手でない理由について日本メディアが解説したことを伝えた。

記事はまず、欧州では廉価で燃費が良いことから女性でも高齢者でもマニュアル車を軽々と乗りこなしていると紹介。ドイツのアウトバーンではお年寄りが平気で時速200キロ以上を出しているとした。また、パリのタクシーは狭い道や滑りやすい石畳の道をスイスイと走るほか、欧州でよく見られるラウンドアバウトではちょっとした隙間を逃さず合流するテクニックをみんなが持ち合わせていて、渋滞が起らないと伝えている。

さらに、運転速度が日本よりも速い米国では急ブレーキの使い方に慣れていること、インドや東南アジアでは大混雑する道路の中、多くの車が巧みに間を縫って進んでいくことを紹介した。

その上で、日本人の運転レベルが低い理由について「道路の条件が良すぎること、信号や標識が整いすぎているのに加え、精度の高いナビゲーションシステムにより運転レベルを高められない。このほか、国民性も大きな原因になっている」とし、「引っ込み思案でおとなしい性格により、日本人は往々にして譲り合うのだが、アグレッシブさという尺度で見れば上手ではない。特にサンデードライバーはレベルが低い」と論じている。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング