台湾ネットアイドルの引退にショック!48歳の日本人男性が本人の目の前で切腹―台湾

配信日時:2018年4月2日(月) 10時50分
台湾ネットアイドルの引退にショック!日本人男性が目の前で切腹
画像ID  978786
2日、台湾・中国時報によると、台湾のネットアイドルがライブ配信をやめることに傷心した日本人男性が台湾にやって来て「切腹」するトラブルが発生した。写真は台北市。
2018年4月2日、台湾・中国時報(電子版)によると、台湾のネットアイドルがライブ配信をやめることに傷心した日本人男性が台湾にやって来て「切腹」するトラブルが発生した。

記事によると、3月31日午後2時ごろ、台北市南港区の警察当局に「ソフトウェアパークのビル前で男性がナイフで自殺しようとしている」との通報があった。警官が現場に駆け付けると、ビル1階の自動車展示場の外で男性1人が白い布を敷いた地面に正座し、右手に果物ナイフを握り、腹部から血を流しているのを発見した。そばにいた女性は「男性と少し話をしたら、ナイフで腹を切った」と語ったという。

警官は男性から慎重に話を聞き、隙を見てナイフを奪った。男性は救急搬送されたが、幸い傷の深さは3ミリと浅く、命に別状はないとのことだ。

警察によると、腹を切ったのは48歳の日本人男性で、中国語は全くできなかった。男性は台湾のネットアイドルDoraさんの大ファンで、Doraさんのライブ配信を心のよりどころとして毎回欠かさず見ていたという。しかし、先日、Doraさんが自らのライフプランを理由にライブ配信から引退し、ショーガールに転身すると発表したことで大いに落胆し、自殺を思い立ったとみられる。

同31日にDoraさんが南港区のソフトウェアパークでのイベントに出席することを知った男性は飛行機で現地を訪れ、Doraさんに直談判を決行。本人に会えたものの、いくらも言葉を交わさないうちに興奮し始め、持っていた果物ナイフで自分の腹を刺した。これを見たDoraさんが驚き、慌てて警察に通報したという。

事件後、Doraさんはフェイスブック上で「命は大切に。家族や友人を心配させるようなことはしないで」とファンに呼び掛けている。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事