Record China

ヘッドライン:

韓国型ロケットが最終関門のフェアリング分離実験を初公開=韓国ネット「まだその段階?」「日本は70年代に打ち上げたのに…」

配信日時:2018年4月3日(火) 6時20分
拡大
2日、韓国・メディアによると、ロシアと共同開発した人工衛星打ち上げロケット羅老号の発射成功の後、2021年に独自技術で開発した韓国型ロケットの完成を目指す韓国航空宇宙研究院が、最終関門とされるフェアリングの分離実験の様子を初公開した。資料写真。

2018年4月2日、韓国・KBSによると、ロシアと共同開発した人工衛星打ち上げロケット羅老(ナロ)号の発射成功の後、2021年に独自技術で開発した韓国型ロケットの完成を目指す韓国航空宇宙研究院(KARI)が、最終関門とされるフェアリングの分離実験の様子を初公開した。

記事によると、公開された映像には直径2.6メートル、長さ7メートルのフェアリング(衛星を保護するカバー)の内側に仕掛けられた火薬が爆発し、フェアリングが中央から両側に分離する様子が映っている。フェアリングはロケットが地球の大気を突破する時に先端部に発生する熱と圧力から衛星を守る役割を担う重要な部品。09年の羅老号1次発射試験時にはフェアリングの片方が分離されず失敗に終わっていたという。21年の韓国型ロケット本発射までに、追加であと4回のフェアリング分離実験が予定されている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「非常に高額な国防費を使っているのに、まだフェアリングの分離技術すらない…」「10年もフェアリングの分離技術を開発しているのか」「今ごろフェアリングの開発をしているのに、2020年にロケット打ち上げなんてできるのか?」など、韓国型ロケット開発の遅れを懸念する声が寄せられた。

その一方で「必ず試験に成功して、宇宙時代を開いてほしい」と期待する声も。

そのほか、「日本は70年代に打ち上げに成功しているのに、私たちは2020年になってようやく初打ち上げ」と、日本と比較して落胆するコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国の次世代有人宇宙船の再利用が可能に―中国メディア

中国航天科技集団第五研究院有人宇宙船チーフエンジニアは「中国の新型有人宇宙船の研究は世界と足並みを揃えており、先端技術を見据えている。再利用可能と複数の用途を特徴としている。海外と同じペースで世界一流、トップ水準の製品を発表したい」と表明した。資料写真。

人民網日本語版
2018年3月9日 17時40分
続きを読む

中国の衛星打ち上げ急ピッチ=年明け以来43日間で日本の過去2年半分、年間ではJAXA設立以来の実績凌駕へ

中国は2018年になってから、7回の衛星打ち上げにすべて成功した。成功回数は日本の過去2年半の実績に相当する。中国の2018年内の打ち上げは35回で、日本の宇宙航空研究開発機構設立以来の実績を超える見通しだ。写真は西昌衛星発射センター。

Record China
2018年2月15日 0時10分
続きを読む

ランキング