Record China

ヘッドライン:

韓国観光業がピンチ、中国人観光客が戻らず―韓国メディア

配信日時:2018年3月31日(土) 16時0分
拡大
29日、米華字メディア・多維新聞によると、中国人観光客が戻らない状態が続く韓国で観光業界に対する悲観的な見方が広がっている。資料写真。

2018年3月29日、米華字メディア・多維新聞によると、中国人観光客が戻らない状態が続く韓国で観光業界に対する悲観的な見方が広がっている。

韓国では昨年のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備後に中国との関係が冷却化し、それまで韓国国内を賑わせていた中国人観光客の数が急激に減少。激減のきっかけになった昨年2月末のロッテによるTHAAD配備地供与から1年以上が経過した現在も、回復の兆候が見られない状況だ。

記事は「韓国の観光業従事者は中国人観光客が韓国に戻ってくるのを待っている。訪韓中国人観光客の増加に期待している」とした上で、「中国人観光客の激減により韓国観光業が損失を被っている」という韓国メディア・ニューシスの29日付報道を紹介した。

韓国観光公社と新韓金融投資証券が25日に発表したデータによると、今年2月に韓国を訪れた中国人観光客の数は前年同期比41.5%減と大きく減少した。

ニューシスは「中国人観光客の減少傾向は依然として続いており、中国人観光客をメインの稼ぎ先と見ている免税店などの観光業界にとってはとても大きなダメージとなっている」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国人客戻らず、免税・旅行業界に冷風=「春が来たのに春らしくない」と嘆く韓国メディア

27日、中国メディアの海外網は、韓国を訪れる中国人観光客の減少が続き、免税・旅行業界に冷風が吹いていることを受け、韓国メディアが「春が来たのに春らしくない」と漢詩の一句を用いて嘆いていると報じた。写真は韓国・金浦国際空港の免税店。

Record China
2018年3月28日 13時20分
続きを読む

ランキング