アルミホイルで包丁を作ってしまう日本人の動画に中国ネット感嘆=「すごいわ」「感動してしまった」

配信日時:2018年3月31日(土) 1時10分
アルミホイルで包丁を作ってしまう日本人の動画に中国ネット感嘆!
画像ID  978040
29日、中国版ツイッター・微博の日本情報紹介アカウント「日本新鮮事」は、日本人がアルミホイルを使って包丁を作る動画を紹介した。資料写真。
2018年3月29日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の日本情報紹介アカウント「日本新鮮事」は、日本人がアルミホイルを使って包丁を作る動画を紹介した。

動画は約11分にわたり、アルミホイルから包丁を作る工程を早回しで紹介している。まず紙芯に何重にも巻きつけたアルミホイルをハンマーでたたいて固め、まとまったら紙芯を取り外してさらにたたいて長方形にする。その後、加熱してたたく作業を繰り返してアルミ板を作る。その上に本物の包丁を置いてペンで形をなぞり、糸ノコでその形に切る。

包丁の形になったアルミ板をヤスリで荒削りした後、目の細かいダイヤモンド砥石でさらに研磨。再び加熱した後、半分の厚さに割り、そこから砥石でひたすらに刃先部分を研ぐ。どんどん砥石の目を細かくして鋭い刃を作っていく。そして、木の板から切り出し、研磨した柄を付けて完成だ。完成した包丁でキュウリを切ると、きれいな輪切りができた。

動画を見た中国のネットユーザーは「1秒も飛ばすことなく全部見てしまった」「人は暇さえあれば何でもできるということを教えてくれる動画」「すごいわ。とてもきれいな刃先だ」「こんなに長い時間磨き続けるなんて、クールだ」「最後に野菜が切れたところで感動してしまった」など称賛、感嘆のコメントが数多く寄せられた。

また、「研ぎ石の(種類の)充実ぶりがすごい」「フルコンプリートじゃないか」「持ってる工具がうらやましい」など、各種の研ぎ石をはじめとする工具類について言及するユーザーも多かった。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事