Record China

ヘッドライン:

<レコチャ広場>“中国系”ジェレミー・リンに韓国人は嫉妬、日本人は「我らが英雄」

配信日時:2012年2月17日(金) 0時9分
拡大
1/4枚
2012年2月13日、中国の事情に詳しい英国のスポーツライター、アンドリュー・レイマー氏が「ジェレミー・リンは米国人の英雄」と題した記事を中国のブログサイト・網易博客に掲載した。以下はその内容。

その他の写真

この1週間、中国全土を興奮させたNBAプレーヤー、ジェレミー・リン(林書豪)は本当に中国と関係があるのだろうか?はっきり言うと、彼は米国人だ。新たにアメリカン・ドリームを実現させた米国人だと筆者は認識している。

中国人読者は勝手な言い分だと思うかもしれないが、この国は世界各国のいろいろな民族が移り住んで作られたもの。その先祖はアイルランド系、メキシコ系、アフリカ系、中国系と様々だが、二世、三世たちが今でも自分がその国の人間だと思っているとは限らない。

もちろん、中国の方々の気持ちは理解できる。突如現れた自分たちと同じ容貌の人間が、NBAのスーパースター、コービー・ブライアントを負かしたのだから。だが、リンの話す言葉を聞けば、すぐ分かる。彼は正真正銘の“米国の子”だ。

ニューヨークでは誰もが成功できるというわけではない。ここは世界中のあらゆるツワモノが集まる場所。競争に勝つには全身全霊で米国文化に溶け込むしかない。単に西洋化すれば良いというわけでもない。英国人でさえ、しょっちゅう失敗している。

リンの成功は彼が生粋の米国人だからこそ、かなったもの。NBAの公式サイトではリンを中国人のヒーロー扱いしているが、こうすれば中国人の財布のひもが緩むからだ。中国から“輸出”されたヤオ・ミン(姚明)は、やはり中国のもの。だが、リンは米国人のものだ。彼の稼ぎはまるまる米国人のものになる。

同じ黄色人種である日本人と韓国人には、リンのようなヒーローはいない。韓国人はこれを妬ましいと思っている。彼らは中国人を嫉妬する人種で、例えば英国で同じクラスに日本人、韓国人、中国人がいる場合、彼らは日本人とは仲良くするが、中国人のことは完全に無視する。

一方、日本人は中国人に嫉妬心は抱いていない。彼らはとっくの前から自分たちを米国の一部で、米国の庇護のもとで大きくなったと思っているからだ。だから、彼らがリンを話題にする時は、まるで自分たちのヒーローのような口ぶりになる。(翻訳・編集/NN)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング