Record China

ヘッドライン:

中国人マネジャーが見た働く日本人女性像―上海紙

配信日時:2012年2月17日(金) 12時41分
拡大
15日、日本女性というととかく、“おとなしく、忍耐強く、男性を立てる”というステレオタイプなイメージで見られがち。しかし、中国の地方紙・上海青年報は、上海で働く日本人女性の実像を魅力的に報道した。資料写真。
(1/4枚)

2012年2月15日、日本女性というととかく、“おとなしく、忍耐強く、男性を立てる”というステレオタイプなイメージで見られがち。一時代前の大和なでしこをほうふつとさせる女性像がいまだに国外では生き残っている。しかし、中国の地方紙・上海青年報は、上海で働く日本人女性の実像を魅力的に報道した。

その他の写真

中国東方航空で外国籍のキャビンアテンダントを管理する陳揚(チェン・ヤン)さんは、中国人スタッフにはない日本人CAの特徴を以下のように挙げた。

■驚くべきプロ精神と社会人としての高い素養

■チームワーク、団体への帰属意識が旺盛

チームの中の1人が犯した失態はメンバー全員の恥であり、1人の栄誉はみんなの栄誉。こうした感覚は、中国人は持ち合わせていない。

■サービスへの厳しい要求を持っている

もともとサービス水準の高い環境に暮らしていたため、客の厳しい要求に慣れている。彼女たちの荷物には日本のリムジンバスの時刻表が忍ばせてあり、到着空港からの交通手段をいつでも搭乗客に案内できるようになっている。これは職場からの命令ではなく、彼女たちが自主的に行っていることである。

■ルールや管理体制に従う

■ほめられることを求めていない

仕事ぶりをほめた時、彼女たちはたいていきまり悪そうにしている。彼女たちにとって、わざわざ取り上げてもらうほどの内容ではなく、当然の業務をしたまでと認識しているからだ。

■感謝の心に厚い

東日本大震災発生時、会社は即座に各日本人スタッフと連絡をとり、安否を確認した。その気遣いに彼女たちは涙を浮かべて感激し、それぞれがそれぞれの方法で後日、お礼をしてくれた。

上海で画廊を運営するMoonyさんは、大学卒業後すぐに就職した日本語タウン誌の編集部で、初めて日本人女性と一緒に仕事をした。彼女のエピソードは以下のよう。

「いつか、刷り上がった雑誌の山の中に、表紙の汚れたものがあった。その時、日本人の同僚女性はすぐにその汚れをふき取り、元に戻した。編集部では、表紙の折れたものや少しでも傷んだ本は出荷しないことにしていた。わたしはそこで、仕事の細やかさというものを知った」

その日本人の同僚は、いつでも穏やかで礼儀正しく、常に最高の印象を周囲に与えようとしていた。毎日きれいに化粧をし、毎日異なったイメージのコーディネートで出社。話し声は小さく優しく、丹念な仕事ぶりとともに、Moonyさんは女性として大きく影響を受けたという。

「彼女たちは一見おとなしく見えるが、実は自分自身の判断基準や価値観を持っている。ただ、言葉の壁による誤解を恐れているようで、ごく限られた交友範囲から外に出ようとしない傾向もあった。そして時に、男性のように“仕事後の一杯”を楽しんでいた」

こうした生の声で日本人像が伝えられる機会は貴重だが、たった一篇の文章で日中間の心の距離がぐんと縮まるような温かい記事だ。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<中国人が見た日本>日本女性が台頭の時代を迎えた?手取り収入で男性を抜く

18日、日本の30歳以下の独り暮らしの女性が手取り収入で同年代男性を初めて上回ったことを受け、香港紙・中国新聞早報の特約記者、侯金亮氏は「日本女性は台頭の時代を迎えた?」と題した記事を中国のブログサイトに発表した。写真は新宿西口。

Record China
2010年10月20日 6時7分
続きを読む

ランキング