外交部、中朝の伝統的親善は双方共通の貴重な財産

配信日時:2018年3月29日(木) 19時0分
外交部、中朝の伝統的親善は双方共通の貴重な財産
画像ID  977870
習近平中共中央総書記(国家主席)の招待をうけ、金正恩朝鮮労働党委員長(国務委員会委員長)が3月25日から28日にかけて中国を非公式訪問した。
習近平中共中央総書記(国家主席)の招待をうけ、金正恩朝鮮労働党委員長(国務委員会委員長)が3月25日から28日にかけて中国を非公式訪問した。今回の訪問に関して、陸慷報道官は「金委員長の初の訪中と中朝最高指導者の会談は中朝双方が両党・両国関係を非常に重視していることの表れだ。中朝の伝統的親善は双方共通の貴重な財産だ。習総書記は会談で、中朝関係をしっかりと維持し、打ち固め、発展させることは中国の党と政府の揺るぎない方針だと強調した」と述べた。

「われわれは朝鮮の同志と共に、上層部交流のリーダーシップを引き続き発揮し、戦略面の意思疎通を深め、交流・協力を拡大し、平和的発展を積極的に促進し、両国友好の民意の基礎を固め、中朝関係の長期的で健全な安定した発展を推し進め、両国及び両国民に幸福をもたらし、地域の平和・安定・発展に新たな貢献をしたい」と陸報道官は述べた。

陸報道官によると、今回の訪問期間、双方の指導者は国際情勢、朝鮮半島情勢についても踏み込んで意見交換した。習総書記は今年以来の朝鮮半島情勢の積極的な変化に向けた朝鮮側の重要な努力を積極的に評価。中国側の原則的立場を重ねて表明したうえで、引き続き建設的役割を発揮するとした。

また、「次の段階で、われわれは引き続き朝鮮側を含む関係各国と共に努力し、中国側の『デュアル・トラック』アプローチ及び各国の有益な提案と結びつけ、朝鮮半島の非核化及び平和・安定のため、地域及び世界の長期的安定・平和のため共に努力したい」と述べた。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事