北朝鮮・金正恩委員長の電撃訪中で急展開する朝鮮半島情勢、日本ますます「蚊帳の外」に?

配信日時:2018年3月30日(金) 12時50分
金正恩氏の訪中で急展開する朝鮮半島情勢、日本ますます「蚊帳の外」
画像ID  977739
北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が電撃的に中国を訪問、4月の南北、5月の米朝首脳会談を控え、冷え込んだ中朝関係の修復を図った。急展開する朝鮮半島情勢から、日本はますます「蚊帳の外」に置かれつつある。
北朝鮮金正恩・朝鮮労働党委員長が電撃的に中国を訪問し、習近平・国家主席と会談した。金委員長が最高指導者に就任して以来、外国訪問は初めて。4月の南北、5月の米朝首脳会談を間近に控え、冷え込んだ中朝関係の修復を図った。日本は朝鮮半島情勢の急変から、ますます「蚊帳の外」に置かれつつある。

金委員長を乗せた特別列車は26日午後、北京駅に到着。市内には厳戒態勢が敷かれ、人民大会堂で習主席との会談や晩さん会に臨んだ。北朝鮮要人の北京入りは日本メディアなどで大きく取り上げられたが、中国メディアは一切報じなかった。

特別列車は27日午後、北京を出発。北朝鮮に戻った28日になって中国国営新華社通信は「金委員長が非公式に訪中し習主席と会談」と正式発表。00年の金正日総書記の訪中時、全日程終了まで報道を控えた前例を踏襲して報道を統制したとみられるが、一国の最高指導者の訪問が伏せられるのは異例で、中朝両国の「特別な関係」をうかがわせた。

新華社通信によると、会談で習主席は「われわれは中朝の伝統的友誼(ゆうぎ)を絶えず伝承していくべきだと何度も表明している。これは中朝両国が歴史と現実に基づき、国際・地域構造と中朝関係対局を踏まえて行った戦略的選択であり、唯一の正しい選択である。一時的なことによって変えてはならず、変わることはない」と強調。金委員長は「金日成主席と金正日総書記の遺訓に照らし、朝鮮半島の非核化の実現に力を尽くすのは、われわれの変わらない立場だ」と発言。非核化に向けて積極的に取り組む姿勢を示した。

中国が米国に歩調を合わせて北朝鮮への制裁を強化しことに北は強く反発。昨年11月に習主席が派遣した特使は平壌に3泊4日の日程で滞在したものの、金委員長には会えないなど中朝関係は悪化していた。今回の訪中は北朝鮮への影響力を再び誇示し、貿易摩擦などが目立つ米国をけん制する「北朝鮮カード」を取り戻したい中国と、米朝首脳会談を前に後ろ盾がほしい北朝鮮の思惑が一致したためとみられる。

平昌冬季五輪を機に朝鮮半島情勢は急展開。日本同様に取り残されていた中国は、金委員長の北京詣ででキープレーヤーの椅子に再び座った。米ホワイトハウスによると、中朝首脳会談については正式発表前に中国から連絡あった。韓国も事前通知を受けていた。これに対し、安倍晋三首相は28日の参院予算委員会で「報道で承知した」と答弁。またしても虚を突かれた。

北朝鮮に圧力をかける局面で日本と蜜月関係にあった米国も、対話に向けて大きく動きだしてからは日本につれない。トランプ大統領は鉄鋼・アルミニュウムの輸入規制から米朝対話の橋渡し役となった韓国を除外したが、日本は対象に含まれたままだ。

金委員長は今後、やはり後ろ盾を求めてロシアを訪問する可能性も浮上。そうなれば朝鮮半島をめぐる6カ国協議の参加国で日本だけが取り残されることになる。森友学園問題が再燃する中、外交でばん回したい安倍首相は難しいかじ取りを迫られそうだ。(編集/日向)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/04/05 03:05)

    日本政府にとって核問題は現実如何でもいい、逆に言えば北朝鮮とアメリカの騒ぎに巻き込まれてるぐらいだ。 日本政府としたら北朝鮮と拉致被害者との話し合いだけが問題で後はどうでもアメリカに任せるだけ。 日本政府が北朝鮮に対しての切り札は有る。だがこの切り札を出すと同時に韓国が窮地に立たされる可能性が高いから日本政府としたら、その前に反日する韓国とは円を気って三カ国同盟から韓国が日本を切り外して欲しい。 またできる事なら日韓友好条約も反日国韓国から日本を切り離して欲しい。 そうなれば北朝鮮に一言、拉致問題を解決してもらえたので日本から北朝鮮えの抗議は終わる。 そして、韓国政府に北朝鮮に支払うための戦後賠償を預けてあるので、日本補遺不からも韓国政府に言って北朝鮮に支払って貰って北朝鮮は、その資金で平和な暮らしを勧めて貰えたらそれで終わる。 韓国政府は、その金を使い込んでいない事を祈る
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2018/04/03 11:36)

    「蚊帳の外」は、むしろ好都合ではないか。北と米の話し会いが決裂してもその責任はないし、仮に話がついて、北への制裁解除となったとしても、話し合いに参加していなければ、その結果について拘束されない。北が必要とするのは無償援助であるが、米国と中国とロシアのいずれも何の得にもならない無償援助はしない(その意味でこの三国は極めて無責任かつ自己中の国である)。無償援助できるのは韓国と日本だけだ。このうち韓国単独では北が必要とするだけの援助はできない。北が期待でき、かつ頼れるのは日本だけである。日本抜きでは残りの5国でできることは大してない。日本は泰然としていればよいのだ。近々東アジア情勢は激変し、中韓vs日米朝、あるいは北が崩壊し中韓vs日米の構図となる可能性もある。バスに乗り遅れるなと焦って無駄金を払うことならないようにすべきだ。日本はもっと自信を持って良い。自分が考える以上に実は日本は大国なのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sea***** | (2018/04/03 01:25)

    朝鮮半島をとりまく各国の思惑。 北朝鮮;核もミサイルも放棄する気はない。金政権の生命線だからだ。核を維持したまま北主導での南北統一を狙っている。 韓国;実は北核は魅力だろう。歴史的に周辺国から主権を奪われた経験から核保有を維持した北と統一することが独立性を保つと考えている。 ただし北核を受け入れることは北主導での統一となり韓国の民主主義が存続できるかは微妙だ。また核保有をした統一朝鮮を反米的なら当然国連制裁が南北におよぶ。 中国;北の後ろ盾になることで北を維持し、やがて統一朝鮮になっても背後からあやつりかつてのように朝鮮半島の属国化を狙っているだろう。 米国;北の非核化を条件としているがそれが難しいこともわかっている。 かと言って朝鮮半島で米兵が犠牲となることもやだろう。ホンネは在韓米軍を撤退させたいかも知れない。 日本;拉致さえ解決すれば、あとは朝鮮半島にはかかわりたくない!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事