金正恩委員長の訪中、国際社会は注視―中国メディア

配信日時:2018年3月29日(木) 16時50分
金正恩委員長の訪中、国際社会は注視
画像ID  607291
習近平国家主席の招待を受け、金正恩朝鮮労働党委員長が3月25日から28日にかけて中国を非公式訪問した。国際社会はこれを注視し、朝鮮半島さらには地域情勢の一層の緩和にとって積極的意義を持つとの認識で一致している。写真は北京。
習近平(シー・ジンピン)中国共産党中央総書記(国家主席)の招待を受け、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(国務委員会委員長)が3月25日から28日にかけて中国を非公式訪問した。国際社会はこれを注視し、朝鮮半島さらには地域情勢の一層の緩和にとって積極的意義を持つとの認識で一致している。新華社が伝えた。

ロシア外務省は声明で中朝首脳会談を歓迎。引き続き中国側と緊密に協力し、政治的・外交的手段を通じた、すべての関係国の直接対話による、北東アジア問題の総合的解決を後押しする意向を重ねて表明した。

韓国外務省は中朝首脳会談を歓迎するコメントを発表。朝鮮指導者の今回の訪中が朝鮮半島の非核化及び平和構築の後押しとなることを期待するとした。

朝鮮中央通信、ロシア・トゥデイ、AP通信、韓国・聯合ニュース、共同通信、ロイター通信、AFP通信など世界の主要メディアも金委員長の訪中、中朝首脳会談について報じた。

朝鮮中央通信は「金委員長による歴史的な中国訪問は、中国の党・国家指導者の熱烈な歓迎と極めて誠意ある歓待を受けた。今回の訪問は朝中両国の上の世代の指導者が築いた誇らしい歴史と伝統を継承し、中朝友好関係を新たなさらに高い段階へと拡大・発展させる『重大な契機』となった」とした。

CNNは「金委員長が最初の訪問国に中国を選んだことには、中朝両国関係の発展を推し進める狙いがある。中国の指導者との会談で金委員長は朝中友好の伝統を継承し、中朝親善を重視する意向を表明。朝鮮半島の非核化及び平和の実現に尽力することも約束した」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事