<写真特集>外国人観光客も続々と…、熱気あふれる西安のグルメストリート

呂厳    2018年3月31日(土) 15時0分

拡大

中国出身の呂厳が3月中旬、陝西省西安市にあるグルメストリート「回民街」を訪れた。

(1 / 37 枚)

中国出身の呂厳(リュー・イエン)が3月中旬、陝西省西安市の観光・グルメストリート「回民街」を訪れた。

その他の写真

「回民」とはイスラム教徒を指す言葉だ。中国最古のモスクとして知られる西安大清真寺や鼓楼といった観光スポットのすぐ近くにある回民街では、イスラム風を中心にさまざまな「小吃(軽食)」を楽しむことができる。国内だけでなく海外からの観光客も多く、それぞれが古都の雰囲気と一帯にあふれる熱気を楽しんでいた。(翻訳・編集/野谷

●呂厳(リュー・イエン)

4人家族の長男として文化大革命終了直前の中国江蘇省に生まれる。大学卒業まで日本と全く縁のない生活を過ごす。23歳の時に急な事情で来日し、日本の大学院を出たあと、そのまま日本企業に就職。メインはコンサルティング業だが、さまざまな業者の中国事業展開のコーディネートも行っている。1年のうち半分は中国に滞在するほど、日本と中国を行き来している。興味は映画鑑賞。好きな日本映画は小津安二郎監督の『晩春』、今村昌平監督の『楢山節考』など。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携