Record China

ヘッドライン:

中国のママもぞっこん!日本製紙おむつの秘密―中国メディア

配信日時:2018年3月31日(土) 8時20分
拡大
2018年3月28日、嬰童産業網は日本の紙おむつブランドの秘密について紹介した。

記事は冒頭、「日本の紙おむつブランドは、完璧という言葉の極致への探求や模索を続けている。欧米のブランドも近年では日本に生産ラインを設け、高級ブランドおむつとして販売している」と紹介し、例として米有名ブランドのパンパースが明石工場で生産する「肌へのいちばん」シリーズを挙げる。このシリーズは、中国市場でも「完璧な紙おむつ」を求めるママたちに喜ばれているのだという。

記事は「日本製品の品質がそのまま『肌へのいちばん』の特徴になっている」と指摘。「ママの肌のような柔らかな感触が赤ちゃんにさらに大きな安心感を与えるとともに、デリケートな肌をかぶれや湿疹、アレルギーから守ってくれる。また、3D瞬間吸収穴を採用したことで、尿や軟便を肌から速やかに隔離し、心地よさが長続きする」と紹介している。

さらに、長時間のおむつの使用による不快の原因はお尻の湿度上昇による蒸れにあり、蒸れは細菌を繁殖させてかぶれにもつながると指摘。「肌へのいちばん」は内側と外側の表面に通気口を設け、空気の通りを良くして内部の熱を外に排出できるため四季を通じて蒸れの心配がないと説明した。

この他、おむつを取り替える母親の使い勝手の良さも追求されているとし、水分に触れると青く変色しておむつの換え時を教えてくれるシステムが搭載されていること、素朴でかわいらしい動物のキャラクターが印刷されており、デザイン性も高いことなどにも言及した。

記事は「総じて『肌へのいちばん』は爽やかさ、通気性、肌の優しさ、デザインの良さといったさまざまなニーズを満たしており、日本の紙おむつの品質の高さを十分に再現し、その精髄が随所に現れている」と評した。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング