Record China

ヘッドライン:

香港の大物俳優、旅行番組で福島等の安全をPR=放射線測定器持参で被災地回る―香港メディア

配信日時:2012年2月15日(水) 11時57分
拡大
14日、被災地をメインにした観光PR番組をロケ収録中の俳優エリック・ツァンが、現地からメッセージを発した。写真はエリック・ツァン。
(1/8枚)

2012年2月14日、被災地をメインにした観光PR番組をロケ収録中の俳優エリック・ツァン(曾志偉)が、現地からメッセージを発した。捜狐網が伝えた。

その他の写真

香港演芸人協会(Hong Kong Performing Artistes Guild)の会長も務め、香港のコメディ映画に欠かせない大物俳優エリック・ツァン。昨年、日本政府観光局(JNTO)による親善大使に任命され、香港に向け東日本大震災の被災地をメインに観光PRする特別番組「嘯後瀛風」のため、現在は日本各地でロケを続けている。

このほど、福島県や宮城県などの被災地を訪問したエリック一行。放射能被害を心配する香港の友人たちから、注意を喚起するメールや電話がぞくぞく届いているが、エリックは「水も普通に飲んで、温泉にも入ったし海鮮も食べたよ。僕は全然気にしてない」と笑顔。特に印象的だったのは、宮城県の南三陸町で食べた生ガキで、「3000円で食べ放題だよ!あんな新鮮なのは初めて」と満足そうに語っている。

このロケでは、全行程で放射線測定器も持参。「どこへ行っても、数値は香港よりも低かった」と話すエリックは、この点も香港向けに強くPRし、被災地の観光復興を少しでも手助けしたい、と熱く語っていた。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

日本語学校の留学生170人が東北復興ボランティア―ヘドロ除去や家屋から土砂搬出

27日、東京や仙台の日本語学校で学ぶ留学生たちが、東日本大震災で被災した宮城県仙台市内の住宅地で側溝からヘドロを除去するなどのボランティア活動を行った。震災復興支援日本語学校協議会が目に見える形で被災地を支援したいと、派遣した。写真は堀道夫氏提供。

Record China
2011年5月28日 19時6分
続きを読む

「がんばろう!日本」スローガンにプロ野球が開幕―熱い声援受け東北楽天が勝利

12日、東日本大震災の影響で延期されていた日本のプロ野球が開幕。「がんばろう!日本」をスローガンに掲げ、被災地復興への願いを込めたシーズンがスタートした。セ・パ両リーグの6試合が行われ、20万人近くの観客を集めた。写真は東北楽天対千葉ロッテの試合。

Record China
2011年4月12日 23時21分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング