日米韓が金正恩氏訪中に注目=「評価も圧力弱めず」―米メディア

配信日時:2018年3月29日(木) 9時50分
日米韓が金正恩氏訪中に注目=「評価も圧力弱めず」
画像ID  977485
28日、米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトは、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が25日から28日まで非公式に中国を訪問したことについて、「日米韓が高い関心を寄せている」とし、それぞれの国のメディアの報道や政府の反応について伝えた。写真は中朝国境。
2018年3月28日、米自由アジア放送(RFA)の中国語版サイトは、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が25日から28日まで非公式に中国を訪問したことについて、「日米韓が高い関心を寄せている」とし、それぞれの国のメディアの報道や政府の反応について伝えた。

記事によると、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、金正恩委員長からの訪朝招請を中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が受諾したと伝えた。

韓国・聯合ニュースは、中国が28日に金正恩委員長の訪中を正式発表する前に、会談に関連する情報を韓国大統領府に通知していたと報じた。

トランプ米大統領は28日、ツイッターで、「今や金正恩(委員長)が北朝鮮国民と人類にとって正しいことをする十分な可能性がある」と米朝首脳会談開催に期待感を表明した。また習近平国家主席から、金正恩委員長が米朝首脳会談を待ち望んでいるとのメッセージを受け取ったことも明らかにした。米AP通信によると、その一方でトランプ大統領は「残念ながら、最大限の制裁と圧力は必ず維持しなければならない」とも強調したという。

米ホワイトハウスのサンダース報道官は、中朝首脳会談について「北朝鮮に最大限の圧力をかける政策が機能していることを示す良い兆しだ」と語った。

安倍晋三首相は、金正恩委員長の訪中について「重大な関心を持って情報収集と分析に努めている」とし、「中国側からしっかりと説明を受けたい」と述べた。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事