映画祭で最高賞だらけ!「桃姐」のアンディ・ラウ、大物女優と「次は恋人で」―北京市

Record China    2012年2月14日(火) 18時29分

拡大

13日、映画「桃姐」(A Simple Life)の記者発表会が北京市で行われ、主演俳優アンディ・ラウ、女優デニー・イップが出席した。

(1 / 8 枚)

2012年2月13日、映画「桃姐」(A Simple Life)の記者発表会が北京市で行われ、主演のアンディ・ラウ(劉徳華)、デニー・イップ(葉徳嫻)が出席した。新浪網が伝えた。

その他の写真

アン・ホイ(許鞍華)監督がメガホンを執り、アンディが主演および投資側にも名を連ねた香港映画「桃姐」は、中国で来月8日から公開予定。この作品によって昨年9月、デニーが第68回ヴェネチア国際映画祭最優秀女優賞を受賞。続く11月の“台湾版アカデミー賞”第48回金馬奨では、最優秀主演男優&女優賞と同監督賞の三冠に輝き、最高賞を総なめ。12月には、第15回タリン・ブラック・ナイト映画祭でも最優秀主演女優賞を獲得している。

数々の輝かしい賞に彩られ、中国でも上映前から話題性たっぷり。裕福な家庭の御曹司と、同家に数十年にわたって仕えて来た女性・桃姐との心の交流を描いたヒューマンドラマだ。アンディも、「思わず涙を流してしまう作品」と話している。

10年ぶりに銀幕復帰したベテラン女優デニーだが、その存在感はさすがの一言。各映画祭に出品されるたびに最高賞を持ち帰って、作品に大貢献している。彼女とはこれまで何度も共演経験のあるアンディは、「またぜひ共演したい。今度は恋人役がいいな」と話し、爆笑を浴びていた。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携