ロボット薬剤師が無人薬局に勤務、服用方法アドバイスがさらに正確に

人民網日本語版    2018年3月26日(月) 23時10分

拡大

ロボット薬剤師と無人薬局がまもなく身近な存在になろうとしている。「伝承と回帰――スマート健康の新時代を共有」をテーマとする第3回中国ブランド薬局工商サミットが23日から25日にかけて重慶市で開催された。

ロボット薬剤師と無人薬局がまもなく身近な存在になろうとしている。「伝承と回帰――スマート健康の新時代を共有」をテーマとする第3回中国ブランド薬局工商サミットが23日から25日にかけて重慶市で開催された。中国医薬物資協会常務理事、分岐機構責任者、医薬工業企業戦略的提携パートナーなど5000人以上が出席し、医薬品産業の未来の発展をめぐり3日間に渡り議論を展開した。科技日報が伝えた。

中国医薬物資協会の李沛橋副会長によると、同協会が山東省で試行を進めていた無人薬局が正式に開業となった。この薬局は無人スーパーと似た構造だが、店内にはロボット薬剤師「小喬」が配備されている。ロボット薬剤師の水準は、10年間の経験を持つ薬剤師に相当する。質問を通じて患者の診断を行い、薬品服用の提案を行う。薬局のスマート設備がその提案に基づき薬を処方し、患者は薬をもらってからモバイル決済をすればいい。当然ながらロボット薬剤師が提供するのは、非処方薬に限られる。処方薬は関連規定に基づき、病院の医師の認定を受けてから販売される。(編集YF)

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携