Record China

ヘッドライン:

韓国に対する「外交的欠礼」と批判浴びた席順、中国が「新たな慣行」と説明=韓国ネットの“矛先”は日本にも

配信日時:2018年3月27日(火) 12時40分
拡大
26日、韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長が文在寅大統領の特使として中国を訪れ、習近平国家主席と面談した際の席順が外交欠礼論争を呼ぶ中、中国側が「新たな慣行」と説明したことが明らかになった。資料写真。

2018年3月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として中国を訪れた鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長が、習近平(シー・ジンピン)国家主席と面談した際の席順が「外交欠礼」論争を呼んでいた。これについて、中国側は「新たな慣行」と説明したという。

問題の場面は今月12日にさかのぼる。鄭室長が北朝鮮訪問の成果などを説明するため中国を訪れて習主席と面談した際、習主席が上席である中央に座り、その左右に中国の外交関係者と鄭室長が座ったことが「外交上の非礼」と物議を醸していた。

これについて、記事は北京外交の消息筋の話を引用し、中国側が「(今回の座席配置は)新たに定着した慣行」と説明したと伝えた。中国側は、「慣行と呼べるほどの事例があるか」という質問に対しては「事例はあるが、特定の事例に言及することは不適切」としつつも「(最近)そのような事例が増えている」とし、韓国だけを狙った行動ではないと説明したとのこと。さらに同消息筋は「両国は鄭室長の訪中日程について形式的な面より中身を重視して進行した」とも伝えており、「中国側も今回の鄭室長の訪中に大きな関心を示していた」と強調したという。

この席順問題は、昨年5月に李海チャン(イ・ヘチャン)元首相が特使として訪中した時にも物議を醸していた。

これを受け、韓国のネット上では「習主席は自分を皇帝とでも思っているのかな」「韓国を下に見てるってことか」「これじゃ社会主義国家というより王権独裁国家」など中国側への非難コメントが上がり、「安倍首相にしろ習主席にしろ幼稚過ぎる。椅子や席順がプライドと関係ある?」など矛先は日本にも向けられている。

これは、韓国で徐薫(ソ・フン)国家情報院長が今月13日に安倍晋三首相と会談を行った際の椅子が注目を集めていたことによる。昨年5月に文大統領の特使として派遣された文喜相議員、同年12月に康京和(カン・ギョンファ)外相、最大野党・自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が安倍首相と会談した際に、安倍首相よりも“格下”の低い椅子が用意されていたためだ。しかし13日の会談で徐院長には安倍首相と同じ椅子が用意された。

さらに「ということは、その慣行を韓国がまねしても問題ないよね?」「今後中国から特使が来たら、座布団を敷いて座ってって伝えなきゃ」と皮肉交じりの声も。

一方で一部のユーザーからは「受け入れた韓国側にも問題がある。低姿勢の外交はもうやめにしよう」「そもそもなんで報告に行くの?報告する義務がある?聞きたい方が(韓国に)来たらいい」と指摘する声も上がった。(翻訳・編集/松村)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国からの批判を意識?日本が韓国特使に「安倍首相と同じ椅子」用意=韓国ネット「当然のことがニュースになるとは」

13日、韓国メディアによると、南北・米朝首脳会談に関連して12日に日本を訪問した韓国の徐薫国家情報院長が安倍晋三首相と会談を行ったが、その際に徐院長が座った「椅子」に注目が集まっている。資料写真。

Record China
2018年3月14日 10時50分
続きを読む

日本がわざと?安倍首相、韓国野党代表を「高い席」からおもてなし=韓国ネット「まさに屈辱」「ずいぶんとひどい扱いをされて…」

18日、日本の首相に頭を下げ丁寧にお辞儀をしたとして韓国で「屈辱外交」だと一部批判を浴びている韓国最大野党・自由韓国党の洪準杓代表をめぐり、もう一つの「屈辱」が指摘されている。資料写真。

Record China
2017年12月18日 22時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング