Record China

ヘッドライン:

「彼は人類の英雄」伊藤博文を暗殺した安重根の追悼行事に参加した日本人が話題=「立派だ」「日本政府の謝罪につながってほしい」―韓国ネット

配信日時:2018年3月26日(月) 18時20分
拡大
26日、韓国メディアは、伊藤博文を暗殺したことで知られる韓国の独立運動家・安重根の追悼行事に参加した日本人たちへのインタビュー内容を伝えた。写真は安重根義士記念館。

2018年3月26日、韓国・聯合ニュースは、伊藤博文を暗殺したことで知られる韓国の独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の追悼行事に参加した日本人たちへのインタビュー内容を伝えた。

記事によると、同日午前にソウル・南山にある安重根義士記念館で開かれた「安重根義士殉国108周忌追悼式」に参加した人間自然科学研究所の小松昭夫理事長は、追悼式に参加した理由を聞かれ、「安重根義士は(韓国)国民の英雄にとどまらず、人類の英雄となるべきだ」と述べたという。小松理事長は安重根について「獄中で未完成の傑作『東洋平和論』を記した」とし、「今のように便利な交通手段がなかったため、世界に見聞を広めることが難しい時代だった。安義士は世界平和をイメージして東洋平和論を執筆したのではないだろうか」と主張した。その上で「朝鮮半島と日本列島の地政学的な役割を考えると、(日韓両国が)世界平和を共に率いていく重要な時期」と述べ、日韓の協力の重要性を強調。日韓関係については「両国政府は動きづらいので、国民が動かなければならない」とし、民間レベルでの協力の必要性を訴えたという。

同日の追悼式には小松さんの他にも、法政大学の牧野英二教授、鹿野元弁護士、佐賀県に安重根の東洋平和記念碑を設置した山崎恵子さんら約30人の日本人が参加したという。関係者の話によると、追悼式に参加する日本人の数は毎年増え続けているという。

追悼式に毎年参加しているという橋本順子さんはインタビューで「過去の歴史に対する日本政府の明確な態度」を要求したという。橋本さんは「日本政府は過去の歴史を反省し、韓国に心から謝罪しなければならない」と訴えた。安重根に襲撃された伊藤博文については「日本に初めて内閣制度を作るなどの業績を残したが、朝鮮半島を植民地化する際に決定的な役割をした」と述べたという。また、安重根の東洋平和論については「未来の(北東アジアの)平和のためには日本と韓国、中国が理解し合う状態を目標としなければならない。安義士の東洋平和論と彼の行動は、私が理想と考えるその状態に向けた努力の1つ」と評価したとのこと。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「日本にも立派な人たちがいるんだね」「日本の真の知識人であり愛国者だ。尊敬する」などの称賛の声や、「安義士をテロリストと呼ぶ韓国人たちは反省してほしい」「韓国の野党、親日派は彼らを見習うべき」と指摘する声が寄せられている。

そのほか、「正しい考えを持つ日本人がどんどん増え、それがいつか日本政府の謝罪につながってほしい」「早く(安義士の)遺骨を見つけ出し、韓国に連れ戻してあげたい」などと願う声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

これも報復?中国にある韓国の英雄・安重根の記念館が突然移転=韓国ネット「日本人よりたちが悪いな」「安重根は中国人にとっても英雄では?」

22日、中国東北部・ハルビンにある朝鮮の独立運動家・安重根の記念館が臨時移転されたことについて、韓国メディアが「偶然か、はたまた意図的か?」「この妙な時期に…」などと疑念を含んだ論調で伝えている。写真は安重根記念館の展示。

Record China
2017年3月22日 20時0分
続きを読む

“韓国の英雄”安重根をまねた男性、指切断し血書を携え朴大統領の弾劾反対デモへ=ネットで非難の的に

1日、日本からの独立運動を記念する祝日「三一節」に際しソウルで開かれた朴槿恵大統領の弾劾に反対する市民集会で、参加者の男性が手から血を流しているのが見つかり、病院に運ばれる騒ぎがあった。写真はソウル、朴大統領弾劾をめぐるデモ現場。

Record China
2017年3月2日 16時40分
続きを読む

伊藤博文を暗殺した安重根をテロリスト扱い?韓国警察の作成したポスターが物議=「本当に韓国の公務員?」「国際的に見たらテロ犯」―韓国ネット

12日、韓国メディアによると、韓国・仁川のある警察署が、テロ防止ポスターに伊藤博文を暗殺したことで知られる安重根の手形を使用したことが物議を醸している。写真はソウルの安重根記念館。

Record China
2017年2月13日 17時10分
続きを読む

ランキング