2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本の漢方薬を盲信してはならない、原料のほとんどは中国産―中国メディア

配信日時:2018年3月26日(月) 23時40分
日本の漢方薬を盲信するな、原料のほとんどは中国産―中国メディア
画像ID  975879
26日、健康時報は、「日本の漢方薬を盲信するな、原料のほとんどは中国からやってきた」と題する記事を掲載した。写真は漢方薬の露店。
2018年3月26日、健康時報は、「日本の漢方薬を盲信するな、原料のほとんどは中国からやってきた」と題する記事を掲載した。

記事は日本のドラッグストアでよく売れている咳止め薬として「龍角散」を紹介。「日本の漢方薬の一種であり、ドラッグストアや越境ECサイトでは『風邪、咳、スモッグなどに不思議なほど効果がある』と宣伝されている。厚生労働省のサイトで調べると、龍角散の主要成分はキキョウ末、カンゾウ末、キョウニン末などである」とした。

その上で、中山大学付属第6病院中医科の石顕方(シー・シエンファン)主任が「龍角散は実は普通の感冒薬(風邪薬)。中国で売られている銀翹解毒片、感冒清熱顆粒などと同じような作用で、効果も大差はない。ECサイトで宣伝されている抗スモッグという効能はなく、製品の説明書にも咳を鎮め、痰を取る作用しか記載されていない」と指摘したことを伝えている。

また、日本では1990年代、慢性肝炎の肝機能障害改善に広く用いられていた小柴胡湯の投与により、間質性肺炎を起こして死亡する事例が複数報告されるスキャンダルが起きたことを紹介。

さらに記事は「日本の漢方薬の原料は大部分が中国から来たもの。中国医薬保健品輸出入協会のデータでは、2013年の中国の中薬製剤および刻み生薬の輸出額は12億1000万ドル(約1270億円)で、日本への輸出は4億5000万ドル(約473億円)となっている」としている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ali***** | (2018/03/27 11:57)

    原材料が中国産でも 管理方法が問題だな~ 大手の漢方薬会社は、現地の人と直接契約してるし、製品検査もしっかりしてるだろう (だから、不正があったらニュースになる) 中薬は、誰の手を経て流通してるか分からないし、だれが調合したのかも分からない。 (だから、真面目に調合している人の事が美談としてニュースになる)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 高橋範***** | (2018/03/27 10:49)

    漢方薬に限らず薬が大好きみたい。虫歯でも歯医者に行かないで痛め止めたくさん飲んで大丈夫とか。風邪なのに医者に行かないで寝るだけ。更にお金ないかと心配したら風邪薬買わないで化粧品買っちまう。なんでも日本にあるものは中国製でも信用あるみたい。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事