日本版「海軍陸戦隊」が27日に発足、中国メディアが警戒

配信日時:2018年3月27日(火) 0時20分
日本版「海軍陸戦隊」が27日に発足、中国メディアが警戒
画像ID  975844
26日、北京青年報は日本版の「海軍陸戦隊」である陸上自衛隊の水陸機動団が新設されると報じた。資料写真。
2018年3月26日、北京青年報は日本版の「海軍陸戦隊」である陸上自衛隊の水陸機動団が新設されると報じた。

記事は「日本版『海軍陸戦隊』である陸上自衛隊所属の水陸機動団が27日に正式に新設される。規模は約2100人余りで、日本がより広い範囲で制空権、制海権を奪取する上での重要な一歩になるとみられている」と紹介した。

そして、水陸機動団の司令部が長崎県佐世保市の陸上自衛隊相浦駐屯地に置かれ、一部の兵力と付帯設備が同駐屯地南東側の崎辺地区に配備されると説明。相浦駐屯地と崎辺地区の間には、海上自衛隊の佐世保基地と米軍佐世保基地があるとしている。

また、人員構成については「2002年に創設された陸上自衛隊西部方面普通科連隊をベースとしており、団本部、水陸機動連隊、水陸両用戦車部隊、特科部隊、偵察部隊、設備部隊、通信部隊、後方支援部隊、教育部隊からなる水陸両用総合作戦部隊だ」と伝えた。

記事はさらに日本メディアの報道を基に、「水陸機動団に加えて、陸上自衛隊は別の大きなアクションを起こしており、5方面隊を束ねる統一司令部『陸上総隊』も設置する。1954年の自衛隊創設以降で最大規模の改組だという。これまで各方面隊がそれぞれ海上・航空自衛隊および米軍とコミュニケーションを取ってきたが、今回の改組で陸上自衛隊の指揮権が一本化される。陸上総隊の指令部は東京と埼玉にまたがる朝霞駐屯地に置かれ、規模は180人前後だ。また、同隊の日米共同部も神奈川県の在日米軍座間基地に設けられる」などと紹介。注目している様子がうかがえる。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/03/29 12:36)

    海軍陸戦隊(米海兵隊は海軍から独立した軍である)は主として島嶼の防衛のための軍事組織であり、日本の様な島国においては必須の軍事組織であるが、中国の様な大陸国の防衛のためには必要がない軍事組織である。中国の様な大陸国家が大規模な海軍陸戦隊をもつ目的は、海洋を支配し、島国を侵略するためだけである。日本が小さな海軍陸戦隊を持つことに中国が敏感に反応するのは、それが中国の目指している海洋支配や島国への侵略の妨げになると感じているからに他ならない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/03/29 11:26)

    中国は自分達の国が巨大だと言う事を忘れているのではないか? 中国が日本の防空圏を我が物顔で進入して来たら日本政府並びに在日アメリカ軍から追跡するための飛行機をアメリカから購入せよと言われる。 中国の船が制海権を無視して日本の海を荒らしたら日本は在日アメリカ軍から追跡するための船ををアメリカから購入せよと言われる。 日本はアメリカに押し付けられるのも中国の無断進入も困るので、日本版の「海軍陸戦隊」を作るしかなくなってしまったのだろう。 中国は自分達が切っ掛けを作った事すら忘れて疑心暗鬼に成って、日本が中国に仕掛けてくるのではないかと疑心暗鬼に成って行く。 中国政府よ疑心暗鬼に成るくらいなら日本と友好関係に成って、お互いの腹の内を明かして安心して自国だけを守るようにしてくれませんか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Bam***** | (2018/03/28 15:08)

    「相浦海兵団」と言う名称で、長崎県佐世保市(確か?)の相浦にいた戦前の海軍陸戦隊のことを思い出します。ここで「”対戦車地雷”を抱えて戦車に飛び込む訓練ばかりしていた」と言っていた、今は亡き父を思い出します。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事