中国式トイレのように用を足せるアイテムが全米を席巻!?=「ビジネスチャンスを持っていかれた…」―中国ネット

配信日時:2018年11月4日(日) 23時30分
中国式トイレのように用を足せるアイテムが全米を席巻!?
画像ID  975435
31日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、米国で中国式のトイレのようにしゃがめるアイテムが大人気になっていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年10月31日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、米国で中国式のトイレのようにしゃがんで用を足せるアイテムが大人気になっていると伝えた。

記事は、米国の女性らが発明した「スクアティー・ポティー(Squatty Potty)」を紹介した動画を掲載。これは、洋式トイレの足元に設置する足置き台のようなもので、足の位置が高くなることで和式トイレのようにしゃがんだような姿勢で排便できるというアイテム。この姿勢の方が排便がスムーズであるという科学的な分析も添えられている。開発者の1人は便秘に悩んでいて、医者から排便時の姿勢を中国式にしゃがんで用を足すよう提案されたことがきっかけで、この商品を思いついたという。

動画では、米国のテレビ番組でこの商品が紹介されてから、わずか1日で100万ドル(約1億1200万円)売り上げるほど大人気となり、2年目には1900万ドル(約21億2800万円)を売り上げたと紹介されている。

これに対し、中国のネットユーザーから「前から洋式トイレは反人類的な設計だと思っていた。人間工学に合わないし腸にも不利だ。やっぱり多くの人が悩んでいたんだな」「米国人は洋式トイレを発明する前はいったいどうやってトイレをしていたんだ?」などのコメントが寄せられた。

また、「やっぱり用を足すのはしゃがんだ方がいい」「私は洋式便座の上にしゃがんで用を足すけど」「自分はいつもこうやって用を足していたのに。これが特許になるのか」「なぜ米国のおばあちゃんにビジネスチャンスを持っていかれてしまったのだろう」などのコメントもある。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/05 07:55)

    >米国人は洋式トイレを発明する前はいったいどうやってトイレをしていたんだ? 座るタイプの便座に慣れてしまうと、元のしゃがむトイレは腰が痛くて耐えられない。和式トイレしかなければ、便意を我慢して別のトイレを探すくらいである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事