Record China

ヘッドライン:

中国大使館が米301条調査に声明「中国には対処する自信も能力もある」―中国メディア

配信日時:2018年3月23日(金) 20時30分
拡大
トランプ米大統領は22日、「301条調査」の結果に基づき、中国からの輸入品に高関税を課すとともに、中国企業の対米投資・M&Aを制限する大統領令に署名。在米中国大使館は米301条調査結果に関する声明を発表した。

トランプ米大統領は22日、「301条調査」の結果に基づき、中国からの輸入品に高関税を課すとともに、中国企業の対米投資・M&Aを制限する大統領令に署名した。在米中国大使館は米301条調査結果に関する声明を発表。「典型的な一方的保護貿易主義の手法であり、強い不満と断固たる反対を表明する」とした。

声明は「米側は互恵・ウィンウィンという米中経済・貿易関係の本質及び対話・協議を通じて溝を適切に処理するとの両国の共通認識を無視し、各方面の理性的な声を顧みず、執拗に301条調査を推し進め、いわゆる裁定を発表した。これは典型的な一方的保護貿易主義の手法だ。中国側はこれに強い不満と断固たる反対を表明する」と指摘。

「中国側は相互尊重、協力・ウィンウィンの原則に基づき、米中間の経済・貿易問題解決のために多くの努力を払い、極めて大きな誠意を示すとともに、合理的な提案をしてきた。しかし貿易戦争を恐れているということでは決してなく、いかなる挑戦にも受けて立つ自信と能力を持ち合わせている。もし米側があくまで貿易戦争をするのなら、われわれは徹底的に相手をし、必要な措置を講じて自らの合法的権益を断固として守る」とした。

また、「米側の行動は『天にツバする』ものでもあり、米国の消費者、企業、金融市場の利益を直接損ない、国際貿易秩序と世界経済の安定にも悪影響をもたらす」と指摘。

最後に「米側が一歩手前で踏みとどまり、慎重な決定をすることを望む。米中2国間の経済・貿易関係を危険な状態に引きこんではならない。他国を損なう目的で始めたのが、自らを害する結果に終わらないように」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国も米鉄鋼関税免除の可能性、代わりにFTA交渉で譲歩?=韓国ネット「自動車の関税撤廃は歓迎」「米国製の日本車が安く買える?」

20日、韓国メディアは、韓国に対する米国の鉄鋼関税が免除される可能性が見えてきたことを受け「韓国が他の通商分野で米国に追加の市場開放を約束したのではないか」との分析が出ていると伝えた。資料写真。

Record China
2018年3月20日 20時20分
続きを読む

ランキング