日本酒1本を販売して店側が賠償金17万円支払い、裁判所「原発事故で汚染の新潟県産」―北京市

配信日時:2018年3月24日(土) 5時0分
日本酒1本を販売して店側が賠償金支払い、北京裁判所「新潟県産」
画像ID  975013
北京市在住の男性が、購入した日本酒が放射能汚染地域に指定され販売が禁止されている新潟県産だったとして損害賠償を求めていた裁判で、賠償金を1万元(約16万5000円)とすることで和解が成立した。資料写真。
北京市メディアの新京報は22日、同市通州区内で日本酒1本を販売した相手の男性に、賠償金1万元(約16万5000円)を支払うことが決まったと報じた。男性側は、購入した日本酒が福島第1原発事故による放射能汚染地域に指定され販売が禁止されている新潟県産だったと主張。裁判所が男性側の主張を大筋で認めて和解案を示し、双方が同意した。

男性は通州区内の飲食店で友人と食事をした際に、日本酒1本を1280元(約2万1000円)で購入した。男性はその後になり、購入した日本酒が、2011年3月に発生した東京電力福島第1原発事故による放射能汚染地域に指定され、食品や農産品の販売が禁止されている新潟県産と気づいたという。

男性は購入価格1280元の10倍に相当する1万2800元の賠償金を求めた。

飲食店側は日本酒について別の商店で見つけて1本だけ購入したと説明して領収書を示したが、通関証明や食品安全基準に合格している証拠を示すことができなかった。

裁判所は飲食店側が注意義務を怠っていたと指摘。その後、飲食店側が1万元を支払うとする裁判所が提示した和解勧告に双方が応じたという。

中国国家質量監督検験検疫総局は2011年4月8日付で、福島第1原発事故による放射能汚染地域として福島、群馬、栃木、茨城、宮城、山形、新潟、長野、山梨、埼玉、東京、千葉の12都県を指定し、同都県で生産された食品、農産品、飼料の販売を禁止。同年6月には、山梨県と山形県を禁止対象から外したが、それ以外の10都県での生産品の販売禁止は現在も続けている。

2017年2月13日には改めて、電子商取引を含めて日本産の食品を輸入する業者は、上記10都県で生産された商品でないことを明らかにするために、通関申請をする際に原産地証明と放射性物質計測の合格証を示すよう求めた。

放射性物質による汚染を理由に、広範囲にわたる食品や農水産物の輸入禁止を続けているのは、中国、韓国、台湾、香港など。うち韓国について世界貿易機関(WTO)が2月、日本の水産物輸入規制は不当との判断を示した。(翻訳・編集/如月隼人
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ただの***** | (2018/03/28 12:28)

    翻訳者の如月さん,「うち韓国について世界貿易機関(WTO)が2月、日本の水産物輸入規制は不当との判断を示した」との記述は読者の誤解を招きますよ。日本国外務省の発表に拠れば,この件は次のような結果になっています:2月22日(現地時間同日),世界貿易機関(WTO)紛争解決手続において,我が国が韓国に対して申立てを行っていた紛争案件「韓国による日本産水産物等の輸入規制措置」に関して,我が国の主張を認め,韓国の措置がWTO協定に非整合的であるとし,措置の是正を求めるパネル報告書が公表されました。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2018/03/24 10:18)

    全中国人民の皆さん、国内に入ってきている密輸品、非正規品等の”不正品”輸入、製造、販売業者に対し即刻賠償金訴訟を起こしましょう。儲かりますよ…、こんなにたくさんあるのですから…。ついでに、中共、中国政府に対する歴史偽造、捏造等も”国民に正しい歴史を教えていない為、善良なる中国人民が世界の物笑いにされてしまっている罪” で賠償金訴訟対象になりませんかね。 あッ、ダメか、中共司法じゃ…。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/03/24 08:34)

    地下水、土地の70%が汚染されているとレコチャイに有ったが、その中国から食品を輸入して良いのか?全面禁止にすべきなのだ。新潟の米どころか福島の米より危険が有りそうだ。^^
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事