【募集中】韓国語社内スタッフ

世界中で花開く春、中国人観光客が花見の主力に―中国メディア

配信日時:2018年3月24日(土) 1時40分
世界中で花開く春、中国人観光客が花見の主力に
画像ID  558121
春の訪れとともに花々が咲き始め、中国人観光客は今年も国内外の人気お花見スポットに大勢押し寄せるものと予想される。写真は東京の花見客。
春の訪れとともに花々が咲き始め、中国人観光客は今年も国内外の人気お花見スポットに大勢押し寄せるものと予想される。どこが人気か。人が少なくて、花がたくさん咲いていて、ツアー価格が値上がりしないのはどこか。世界最大のオンライン旅行会社・携程旅行網はこのほどビッグデータの分析を行い、各地の営業スポット数千カ所の予約状況を参考にして、「2018年世界花見ツアー状況報告」を発表した。

▽中国の10大人気お花見エリア、江西の菜の花など

3月と4月は中国のお花見シーズンだ。「花見」(賞花)で検索すると、ネットには予約可能な団体ツアー、自由旅行、一日ツアーなどの情報が1000件あまり現れる。携程のアプリケーションでは最近、菜の花、桃の花、桜などのキーワード検索数が前月比500%以上増加している。ネットでの花見商品の検索・予約データに基づき、携程はこのほど2018年国内10大人気花見エリアを発表した。江西省●(矛へんに夂の下に女)源県の菜の花、無錫市鼈頭渚の桜、杭州市西湖の桃の花、チベット自治区林芝の桃の花、雲南省羅平県の菜の花などが選ばれた。

▽桜のシーズンには60万人が日本へ、消費額1360億円

毎年、春の観光市場で最も売り上げの大きい花見エリアは日本であり、3〜4月の日本旅行では花見が主な目的になる。携程でもこれまでに数万人が日本への花見旅行を申し込み、海外の花見エリアでは日本に最も人気がある。日本への花見旅行はすでに予約のピークを迎えた。3月以降、携程アプリを利用して日本、花見、桜などのキーワードを検索した人(のべ人数)は前月比300%以上増加した。

専門家の予想では、今年の桜のシーズンは3月下旬から4月下旬で、中国人観光客60万人が日本へ桜を見に行き、観光消費額は80億元(約1360億円)に達する。一部の人気スポットでは、海外からの観光客の3割を中国人が占めるという。日本政府観光局が発表したデータによると、昨年は中国人観光客のべ735万人が日本へ出かけ、前年比15.4%増加し、1人当たり平均消費額は約1万3400元(約22万8000円)だった。3月と4月はひと月の観光客数がそれぞれのべ50万人を超えた。

日本だけでなく、欧州と北米地域も海外花見ツアーの人気エリアで、夏のシーズンも含めて売れ行きは好調だ。データをみると、オランダのキューケンホフ公園のチューリップ、フランスのプロヴァンス・ヴァロンソルのラベンダー、米国・ワシントンの桜並木、カナダ・バンクーバーの桜祭り、英国ビュードリーのポピー畑、ドイツ・ボンの桜並木、英国コッツウォルズのラベンダー畑は、中国人観光客に人気の7大人気花見路線で、どこも売り上げが伸びている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事