Record China

ヘッドライン:

快進撃が止まらない大坂なおみ、セリーナ・ウィリアムズにも勝利!中国ネットも絶賛「2年以内に世界女王に」「李娜よりすごい」

配信日時:2018年3月22日(木) 12時40分
拡大
22日、女子テニスの大坂なおみがマイアミ・オープンで元世界女王のセリーナ・ウィリアムズを破った。新浪の微博アカウント・新浪網球は、快進撃を続ける大坂がこれまで勝ってきた選手をリストアップして、その強さを示した。資料写真。

2018年3月22日、女子テニスの大坂なおみがマイアミ・オープンで元世界女王のセリーナ・ウィリアムズを破った。新浪の微博アカウント・新浪網球は、快進撃を続ける大坂がこれまで勝利してきた選手をリストアップして、その強さを示した。

同アカウントが紹介した「日本の新星・大坂なおみが倒した相手」は、マリア・シャラポワ、セリーナ・ウィリアムズ、ビーナス・ウィリアムズ、シモナ・ハレプ、アンゲリク・ケルバー、アグニエシュカ・ラドワンスカ、カロリナ・プリスコバ、エリナ・スビトリナの8人。いずれも、世界女王や世界ランクトップ3に入ったことがあるトップ選手たちだ。

中国のネットユーザーからは「年間最終戦のWTAファイナルズに出る顔ぶれじゃないか」「(大坂は)日本のセリーナだ。シャラポワは8ゲームも取れれば御の字だろう」「これは世界ランク1位を取りそうな勢い」「20歳でこれだけやるということは、2年もしないうちにアジアどころか世界の女王になってそう」といったコメントが寄せられた。またグランドスラムを2回制した中国の李娜(リー・ナー)よりもすごいとの感想もあった。

「一時の勢い」との見方もあるがごく一部で、コメントの多くが大阪の実力を認めて称賛し、さらなる活躍を期待する声だった。そして「がんばれ、早くグランドスラムを取ってくれ」など、現時点で4回戦止まりのグランドスラムでの初優勝を待ち望むユーザーも少なからずいる。

この他「まだ、キャロライン・ウォズニアッキには勝ってないんだな」「中国の鄭賽賽(ジョン・サイサイ)は大坂に勝ったことがある!」といった感想が見られた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング