貧困、汚染、そしてモラルの欠如=中国が世界一の大国になるための課題―米誌

Record China    2012年2月5日(日) 5時58分

拡大

1月30日、米誌フォーブス電子版は、記事「中国は巨神なのか、それとも流星なのか」を掲載した。写真は雲南省の農村。この村には電気も道路も水道もないばかりか、住民たちは戸籍すら持っていないという。

(1 / 8 枚)

2012年1月30日、米誌フォーブス電子版は、記事「中国は巨神なのか、それとも流星なのか」を掲載した。

その他の写真

近年、中国の未来が注目を集めている。間違いなく米国を抜き去ると考えている人もあれば、国内の矛盾で崩壊すると考える人もいる。また欧米の金融危機が中国の超大国のイメージを浸食しつつあるとの意見もある。

今後、中国がさらなる成長を続けていくためには多くの問題を解決しなければいけない。第一に貧困。国際通貨基金(IMF)によると、中国の1人当たり国内総生産(GDP)は世界94位という低水準だ。

第二に環境汚染。工業廃水の3分の1は未処理のまま捨てられている。欧米の大気汚染基準に合致した空気の下で暮らせるのは、5億6000万人の都市住民のうちわずか1%だという。そして高齢化も深刻で、2020年には60歳以上人口が17%に達するという。

また国内市場の未成熟、さらには「不誠実な文化」と批判されたこともあったモラルも問題だろう。中国に進出した外資系企業はさまざまな障害で身動きがとれないでいるうちに、中国企業に追い抜かれていく。またニセ卵、メラミン粉ミルク、慈善機構の不祥事などのニュースが後を絶たない。(翻訳・編集/KT)

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携