平昌五輪で「君が代」を流した韓国放送局に苦情殺到、放送委員会で審議へ=韓国ネット「つらい歴史を思い出した」「大げさに騒ぎ過ぎ」―韓国ネット

配信日時:2018年3月22日(木) 12時20分
平昌五輪で「君が代」を流した韓国放送局、放送委員会で審議へ
画像ID  974496
21日、複数の韓国メディアによると、韓国の放送局SBSが先月24日に平昌五輪スピードスケート女子マススタート競技で金メダルを獲得した高木菜那選手の授賞場面をテレビ放送した際、「君が代」が60秒ほど流れたことが問題となっている。写真は日本の国旗。
2018年3月21日、スターニュースなど複数の韓国メディアによると、韓国の放送局SBSが先月24日に2018平昌(ピョンチャン)五輪スピードスケート女子マススタート競技で金メダルを獲得した高木菜那選手の授賞場面をテレビ放送した際、「君が代」が60秒ほど流れたことが問題となっている。放送通信審議委員会の関係者は「(SBSが放送した番組)『平昌2018』を22日に開かれる小委員会の議題として上程した」と明かした。

報道によると、韓国で「君が代」は日本帝国主義の象徴として捉えられている。そのため「平昌2018」の放送直後、SBSには多くの視聴者から苦情が寄せられたという。これにより同番組は放送審議規定第25条(倫理性)3項に基づいて審議を受けることになったとのこと。

このほか韓国の放送局KBS1が放送した「平昌五輪ライブ」も、先月15日にクロスカントリー女子10キロフリースタイル競技を中継する際、解説委員が日本式の表現「いっぱい」など“不適切な言語”を使用したとの指摘を受け、放送審議規定第27条(品位維持)5号に基づいて審議を受ける予定だという。

この件に関し、韓国のネットユーザーからは「テレビ局はなぜこの様な過ちを犯すのだ」「地上波放送で『君が代』を聞くとは想像もできなかった」「『君が代』は韓国の辛い歴史を思い出させる」「SBSは日本の放送局だな」など、「君が代」を地上波で放送したことに批判の声が寄せられた。その一方で「サッカーの日韓戦にも『君が代』は流れる。大げさに騒ぎ過ぎだ」と理性的な意見も見られた。(翻訳・編集/三田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事