もっとあった大晦日特番のパクリ!ダンスパフォーマンスなど少なくとも4演目で―中国

Record China    2012年2月3日(金) 18時28分

拡大

22日に中国で放映された恒例の大型年越し番組で、日本の人気お笑いコンビ・アンジャッシュのコントがほぼそのまま盗用されていた問題が物議を呼んだばかりの中国。同番組内での盗用は少なくとも4つの演目で行われたと指摘された。写真はハンギョンのパフォーマンス。

(1 / 8 枚)

2012年1月22日(=旧暦の大みそか)に中国で放映された毎年恒例の大型年越し番組「春節聯歓晩会」で、日本の人気お笑いコンビ・アンジャッシュのコントがほぼそのまま盗用されていた問題が物議を呼んだばかりの中国。実は、同番組内でこうした盗用はほかにも行われており、少なくとも4つの演目で、既存のコントなどからの借用が行われたと指摘された。中国大手ポータルサイト・捜狐(SOHU)の報道。

その他の写真

人気コメディアン・郭冬臨(グオ・ドンリン)率いる4人が同番組で披露したコント「スーパーの面接(原題:超市面試)」は、アンジャッシュの「バイトの面接」と結末以外の部分が酷似していると指摘された。いずれも、万引き犯を捕まえたばかりのスーパーにアルバイトの面接にやって来た若者と、彼を万引き犯だと思い込む店長との勘違いなやり取りが延々と続く作品だが、演目が終わらないうちに、中国のネット上ではこのパクリ問題が指摘され、日本でまで報道される大きな問題となった。

高視聴率が約束され、全国津々浦々の老若男女が見る国民的年末特番。その位置づけは日本の紅白歌合戦に近い。しかも、放映局は国営の中国中央テレビ(CCTV)。こんな番組で堂々とパクリが行われていたとすれば、問題の根はかなり深いはずだが、このほど、「スーパーの面接」以外にも少なくとも3つの演目でこうしたネタの盗用が行われたと指摘された。

ベテラン漫才師が過去の名コントからセリフを流用したり、インターネットで広く話題になったスレッドからセリフを拝借したものまで。中でも、現在の中国で要注目の歌手が披露したダンスショーは、かなり注目を集めている。

韓国の超人気アイドルユニット・スーパージュニアに、かつて中国人唯一のメンバーとして参加していたハンギョン(韓庚)が披露した「大みそかの伝説(除夕的伝説)」。ダンスのテクニックを高く評価されている彼が得意のダンスとカンフーアクションを融合し、さらにアニメーションとコラボレーションして、壁面に投影された怪物と闘うというユニークなパフォーマンスだった。これは番組内でも“最高の演目だった”として高く評価を受けたのだが、実はこれにも元ネタがあったとの指摘が。

これは日本の映像作家とダンサーによるユニット「KAGEMU」のパフォーマンスと酷似していた。KAGEMUのオリジナルは同じく、壁に映し出された映像とダンサーの動きがピッタリとシンクロし、時間や空間の可能性を飛び越えたユニークなもの。映像×ダンスの融合度、映像のつくりや構成の緻密さなど、どれをとってもご本家のほうが優れた出来栄えに見えるのだが…これは単なる偶然の一致なのか?(翻訳・編集/愛玉)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携