Record China

ヘッドライン:

桜満開の武漢大学 顔認証システムと自動改札ゲートを初導入

配信日時:2018年3月21日(水) 22時40分
拡大
湖北省の武漢大学では今年、顔認証システムと自動改札ゲートが初めて導入され、観光客はネット予約完了後、自分の身分証を持参し、ゲートで顔認証を行うことですぐにキャンパス内に入ることができる。

湖北省の武漢大学では今年、顔認証システムと自動改札ゲートが初めて導入され、観光客はネット予約完了後、自分の身分証を持参し、ゲートで顔認証を行うことですぐにキャンパス内に入ることができる。現在、同大学の桜は満開を迎えており、3月20日から4月2日までの期間中、同大学での花見は「実名制、無料予約、二重チェック」のルールに基づいてキャンパス内への出入りを制限するという。平日の予約人数は1万5千人、週末の予約人数は3万人に制限される。中国新聞網が伝えた。(編集YK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

ランキング