中国が日本への「魅力攻勢」を強化、背景に米中関係の悪化―英紙

配信日時:2018年9月2日(日) 7時0分
中国が日本への「魅力攻勢」を強化、背景に米中関係の悪化
画像ID  974083
中国は2017年9月から日本への強硬姿勢を緩めたが、米中貿易戦争を境にして日本に対する態度を軟化さらに軟化させている。写真は天安門。
英フィナンシャル・タイムズは8月30日、中国が日本に向けて「魅力攻勢」を強めていると報じた。中国は王毅(ワン・イー)外相が日本を訪問するなど2017年9月から日本に対する強硬姿勢を徐々に緩めていた。

2018年5月には、2013年以来となる中国首相の日本訪問も実現。軍用機や艦艇の偶発的な衝突を避けるため、日中防衛当局間のホットラインを含めた連絡体制「海空連絡メカニズム」の運用を始めることで合意した。

その後、関係改善に向けた動きは継続し、麻生太郎財務相が中国を訪問。8月31日に開かれる「日中財務対話」に関して、「年内に予定されている安倍首相訪中の成果につながることを期待している」と話した。

また、上海師範大学で10日に開催される予定だった慰安婦問題に関する国際シンポジウムが中国外交部の指示で中止された。2日後に日中平和友好条約締結40周年を控え、中国政府が日本に配慮したとみられる。

中国の態度がいっそう軟化した背景には米中関係の悪化があると日本の専門家は指摘する。米国でトランプ大統領が就任し、米中間で貿易戦争がエスカレートしたことにより、外交上のリスクが高まったことが中国の対日強硬姿勢を変えたのだとの見方だ。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2018/09/02 11:53)

    中国という国は孫文の辛亥革命以降であるから、高々100年の国。悠久の歴史4千年と言うが、4千年間中国という国はなく、あそこに生きていた人々の、群雄割拠が延々と続き、殺し合いの大陸なのだ。だから、人々の心には《信用》という価値観はなく、今も騙し合い、貶め合い、時には殺し合い。 そういう中国とは、友好になるべきではなく、振りをするぐらいがちょうど良い。 過去(と云っても10年ぐらいでよい)の中国の振る舞いは、友好国として扱う要素は何一つない。 知れば知るほど軽蔑しかない国、それは中国。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/09/02 11:02)

    >中国が日本に向けて「魅力攻勢」を強めていると報じた 日本人が中国に魅力を感じるのは〈悠久の歴史〉と〈広大な自然〉である。しかし中国政府は過去の歴史を抹消して、国内の自然も発展の犠牲にしている。現在の中国の魅力と言ったら『お金を持っている』くらいしかない。それに魅力を感じる日本人もいるが、国を動かせるほど多数ではない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/09/02 09:43)

    魅力攻勢?すり寄りと言いな!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事