中国が対日関係改善のシグナル―米華字メディア

配信日時:2018年3月20日(火) 19時50分
中国が対日関係改善のシグナル
画像ID  973924
20日、米華字メディアの多維新聞は、中国が日本との関係改善に向けたシグナルを発していると報じた。資料写真。
2018年3月20日、米華字メディアの多維新聞は、中国が日本との関係改善に向けたシグナルを発していると報じた。

記事はまず、中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、国務委員(副首相級)への昇格が決まった王毅(ワン・イー)外相について報じた20日付の日本経済新聞の記事を紹介した。

日本経済新聞は、王氏について「駐日大使を務めた知日派だが、日中関係が悪化して以降は日本への強硬姿勢が目立つ。日中関係が改善へ向かうなかで、日中筋には王氏の2期目の出方に警戒もある」とした一方で、8日の記者会見では「得がたい関係改善の流れを歓迎する」など以前よりも前向きな発言もあったと指摘。中国共産党関係者の話として「習近平(シー・ジンピン)国家主席は内部で対日関係を安定させるよう指示した。王氏も公式な場ではソフト路線に傾いている可能性がある」と報じている。

記事は続いて、朝日新聞の報道を引用し、中国の李克強(リー・カーチアン)首相が20日の記者会見で、日中関係が改善傾向にあることを認めた上で、「この状況が続けば、今年前半に日中韓の首脳会議で会うことを積極的に考えたい」と述べたことを紹介した。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/20 21:02)

    散々日本は、戦後からアメリカにいい様に利用されてやったのだから中国と日本との友好関係に口を挟むな。 中国政府も日本は、弱い国だからアメリカにべったりだと思い込んでいるだろうが現実は、第二次世界大戦後日本はアメリカの監視下に置かれていたが、今もそれは継続している。 アメリカは、武器製造で世界視野を取るために日本に武器をつからさないがために監視下に置いて、その代わりアメリカ軍が日本を守るからと言うのがアメリカ式だ。 断る毎にアメリカは日本を利用し続けて来て居る。 だが日本は、戦後賠償を兼ねて中国へのODAや、技術協力、インフラ整備を通して、中国の発展を臨んで来ている。 頼むから中国との友好は邪魔しないでください。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事