Record China

ヘッドライン:

韓国済州島のゲストハウスで女性観光客を狙った性犯罪がまた発生=韓国ネット「平和な島だったのに」「性犯罪の温床と化している」

配信日時:2018年3月20日(火) 10時50分
拡大
19日、韓国メディアによると、韓国・済州のゲストハウスで女性観光客を対象にした性犯罪がまた発生した。写真は済州島。

2018年3月19日、韓国・聯合ニュースによると、韓国・済州のゲストハウスで女性観光客を対象にした性犯罪がまた発生した。

記事によると、済州東部警察署は19日、20代の女性に性的暴行を加えようとしてけがを負わせたとして、20代の男を強姦致傷容疑で逮捕したと明らかにした。警察によると、男は11日午後10時30分ごろ、済州市内のゲストハウスで女性に性的暴行を加えようとした。女性は抵抗する際に膝や腕にかすり傷を負ったという。その後、女性はゲストハウスに宿泊していた友人に助けを求め、通報を受けた警察が翌日午前0時35分ごろ、ゲストハウスで寝ていた男を逮捕した。男と女性は11日に開かれたゲストハウス主催のパーティーで知り合ったという。男は警察の取り調べに対し「酒に酔っていたようだ」と述べ、容疑を一部認めている。

また、済州市では先月7日にも、ゲストハウスに宿泊した女性観光客が性的暴行を受けた後、首を絞められて殺害されているのが見つかった。警察は女性を殺害後に逃走した容疑で同ゲストハウスの管理人である30代の男を指名手配したが、同月14日に自殺しているのが発見された。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「済州島は平和な島だったはずなのに」「最近は性犯罪のニュースばかり」「飲酒に関する犯罪の処罰をもっと重くすべき」「済州のゲストハウスは性犯罪の温床と化している」など不安の声が相次いでいる。

また、「ゲストハウス内での飲酒を禁止すべき。酒が入ると犯罪の起きる確率が高くなる」「ゲストハウスは寝る場所。パーティーなんてすべきじゃない」「酒パーティーを企画するゲストハウスに問題がある」「ゲストハウス内の男女の共有スペースをなくしてほしい」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

東京で上映された慰安婦映画に観客からため息「日本は何をしている?」=韓国ネット「日本の反省につながりますように」「韓国でも上映してほしい」

18日、韓国メディアによると、韓国の元慰安婦女性たちの闘いの歴史を描いた在日朝鮮人2世の監督の映画「沈黙 立ち上がる慰安婦」が東京で上映された。映画を見た日本の観客からはため息が漏れていたという。写真は慰安婦問題解決を訴えるソウル日本大使館前の集会。

Record China
2018年3月19日 13時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング