Record China

ヘッドライン:

ディズニーが韓国に設置した記念の彫像、たった1カ月で無残な姿に=韓国ネット「市民意識のレベルが低い」「安い材料を使ったからだ」

配信日時:2018年3月20日(火) 6時20分
拡大
19日、韓国メディアによると、ハリウッド映画「ブラックパンサー」の撮影を記念してウォルト・ディズニー社が韓国の釜山に設置したブラックパンサーの彫像が、何者かに壊され、撤去された。写真は釜山。

2018年3月19日、韓国・中央日報によると、ハリウッド映画「ブラックパンサー」の撮影を記念してウォルト・ディズニー社が韓国の釜山に設置したブラックパンサーの彫像が、何者かに壊され、撤去された。

記事によると、釜山映像委員会は18日、「釜山中区光復路に設置したブラックパンサーの彫像が16日夜から17日朝の間に破損された」と明らかにした。彫像は土台から落ちて地面に転がっている状態で市民に発見されたという。片方の足首は完全に折れ、「見るも無残な状態」だったという。ウォルト・ディズニーは釜山で映画を撮影したことを記念し、先月の公開を前に同彫像を設置していた。

同委員会関係者は「設置から数日後に足の爪の部分が破損される事件があったが、約1カ月で完全に折られるという恥ずかしい事件が起きた」とし、「酔っ払いの犯行ではないかと予想している。ウォルト・ディズニーと協議した上で捜査の依頼や法的措置を決定する」と述べた。

韓国のネット上では壊された彫像の写真が急速に広まっており、ネットユーザーからは「残念だ」「市民意識のレベルが低い」「国民性の先進化にはあと100年はかかる」「今後、韓国で撮影しようと考える映画会社は現れないだろう」などと嘆く声が上がっている。

また、「ヴィブラニウム(映画に登場する地球最強の鉱物、彫像はそのスーツを着用)の弱点は足首だった」と冗談交じりのコメントも。

一方で「確かに彫像はちょっと不気味だった」という声や、「壊した人も悪いけど、安い材料を使った方も悪い」「そんなに簡単に折れるもの?適当に造るくらいならいっそない方がまし」と主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

東京で上映された慰安婦映画に観客からため息「日本は何をしている?」=韓国ネット「日本の反省につながりますように」「韓国でも上映してほしい」

18日、韓国メディアによると、韓国の元慰安婦女性たちの闘いの歴史を描いた在日朝鮮人2世の監督の映画「沈黙 立ち上がる慰安婦」が東京で上映された。映画を見た日本の観客からはため息が漏れていたという。写真は慰安婦問題解決を訴えるソウル日本大使館前の集会。

Record China
2018年3月19日 13時50分
続きを読む

平昌慰安婦像の撤去はあり得ない!韓国人教授が世界のメディアに日本批判メールを送信

14日、韓国メディアによると、韓国・誠信女子大学の徐敬徳教授は同日、「平昌冬季パラリンピック参加者たちの目に入る可能性があるとの理由で江陵にある平和の少女像の撤去を求めた日本を批判するメールを海外メディアに送信した」と明らかにした。資料写真。

Record China
2018年3月15日 7時20分
続きを読む

ランキング