Record China

ヘッドライン:

上海がピンクでいっぱい?女の子だけじゃない!みんなピンクが好き!

配信日時:2018年3月19日(月) 17時40分
拡大
ひと足早い春の訪れを感じさせるようなパステルピンクが流行していて、カフェもコンビニも、フードもドリンクも、そして夜景までもピンクづくしの上海。
(1/7枚)

ひと足早い春の訪れを感じさせるようなパステルピンクが流行していて、カフェもコンビニも、フードもドリンクも、そして夜景までもピンクづくしの上海。みんなに愛されるピンクがキュートでかわいく登場し、じわじわと上海で広がっている。

その他の写真

ピンクといっても派手なピンクやスタイリッシュなピンクというよりも、女の子の心をくすぐるかわいい“パステルピンク”が主流。上海でも人気のショッピングモールのディスプレイにピンクが登場すると、他にも伝染していくかのように、カフェや無人カラオケボックスにも“ピンク色”ができた。遠くからもひときわ目立つパステルピンクは、女の子だけではなく、みんなの注目を集め、SNS映えすることからも、話題になっている。

もちろん、フードやドリンクもピンクでいっぱいだ。ピンク色のフードやドリンクというと、すぐ思いつくのはストロベリー味やピーチ味だけれど、上海はやはりひと味ちがった。例えば、「網紅(ネットインフルエンサー)」で話題のパンはドラゴンフルーツにブルーベリーをミックスしたり、ドリンクもストロベリーとクリームチーズのミックスなど、シンプルな味というより、どちらかというとインパクトのある味で“ピンク色”を演出している。夜のライトアップには、華やかなピンクがグラデーションのように濃淡をかえて輝き、ロマンチックな雰囲気を演出して、暖かくなった上海の夜、家族連れやカップルでにぎわう。

どうしてピンクはみんなに愛されるのか?見ているだけで、心が温かく、ハッピーな気分になる色だから?ストレスを抱える若者にとって癒される色だから?色が与える心理的効果かどうか分からないが、これから迎える桜の季節に、まだまだ“ピンク色”ブームは続きそうだ。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海がピンクでいっぱい?」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

上海で初詣、1年の幸運もお金次第?!

毎年「民族の大移動」として話題にあがる、中国で最も重要な伝統行事、春節(旧正月)を2月16日(金)に迎え、新年を祝う様々なイベントが各地で催された。

フライメディア
2018年2月26日 19時30分
続きを読む

ランキング