Record China

ヘッドライン:

日本には空母よりも危険な船が3隻ある―中国メディア

配信日時:2018年3月17日(土) 0時20分
拡大
15日、新浪軍事は、「日本には空母よりも危険な船が3隻ある」とし、海上自衛隊が所有する3隻の海洋観測船を紹介した。資料写真。

2018年3月15日、新浪軍事は、「日本には空母よりも危険な船が3隻ある」とし、海上自衛隊が所有する3隻の海洋観測船を紹介した。

記事は「海上自衛隊は複数の海洋観測船を持っている。海流、海底の地形、海洋気象など、軍事行動のための海洋環境資料を主に収集する。現在ではそれぞれタイプの異なる3隻の観測船が就役しており、いずれも横須賀の第1海洋観測隊に所属している」と紹介した。

1隻目は、ふたみ型海洋観測艦の2番艦として1986年に就役した「わかさ」だ。「標準排水量2050トン、全長97メートル、幅15メートル、最高速度16ノット、定員105人。海底地形プロファイラー、磁気センサー、海流測定機器、ソナー測位装置などだ。遠隔操作型無人探査機も搭載可能で、2011年3月の東日本大震災では救援物資の輸送任務を担った」としている。

2隻目は、にちなん型海洋観測船で1999年に就役した「にちなん」。「標準排水量3300トン、全長111メートル、幅17メートル、最高速度20ノットで定員80人。CTD、流速計、気象観測装置、海底ソナー、マルチビーム地形測定器、遠隔操作型無人探査機、小型作業艇2隻などを備えている。2005年には東シナ海海域で海洋生物や海底地形などのデータ収集を実施。東日本大震災ではやはり救援任務を担った」と伝えた。

3隻目は、しょうなん型海洋観測船で2010年に就役した「しょうなん」。「標準排水量2950トン、全長103メートル、幅16.4メートル、最高速度16ノットで定員80人。CTD、マルチビーム海底地形プロファイラー、サンプル採取装置、曳航ソナーなどさまざまな海洋環境、音声学測量設備を備えている。2016年4月、中国の護衛艦隊が沖縄を通過した際、しょうなんが監視船の1つとして派遣され、太平洋から東シナ海へと戻る中国海軍艦隊を発見した」としている。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦にコケ、「これで中国海軍に立ち向かえるのか?」との報道に、中国ネット「日本のことを笑う資格が?」

30日、新浪軍事は、海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦にコケが生えていると伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はコケ。

Record China
2018年1月31日 13時20分
続きを読む

ランキング