日本ブランドはなぜ中国の消費者に受けなくなったのか―中国メディア

配信日時:2018年3月16日(金) 5時40分
日本ブランドはなぜ中国の消費者に受けなくなったのか
画像ID  971953
15日、環球網は「日本ブランドはなぜ中国の消費者に受けなくなったのか」と題する記事を掲載し、この問いに対する専門家のコメントを紹介した。資料写真。
2018年3月15日、環球網は「日本ブランドはなぜ中国の消費者に受けなくなったのか」と題する記事を掲載し、この問いに対する専門家のコメントを紹介した。

記事によると、環球網などが2月9日から27日にかけてネット上で実施した海外ブランドの好感度調査で、日本ブランドは自動車、服飾品、酒類、金融保険分野などで最下位となった。記事は「かつて日本ブランドは『優れた品質』の代名詞だったが」とした上で、この結果に関する中国国際貿易促進委員会研究院の趙萍(ジャオ・ピン)国際貿易研究部主任のコメントを紹介した。

趙氏はまず、「南京大虐殺慰安婦などの問題が中国の国民感情を著しく傷付け、消費者に負の印象を残した」と指摘し、さらに日本ブランドの品質や信用をめぐるスキャンダルが過去1年間に数多く報じられたことが全体的なイメージ低下につながったと説明。これら二大要素のほか、一部の品が中国市場をターゲットとして作られていないことも関係があるとの見方を示した。(翻訳・編集/野谷
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事