Record China

ヘッドライン:

オージービーフ、買ってみたら中国産だった―中国

配信日時:2018年3月15日(木) 12時30分
拡大
中国のネット販売店からステーキ肉を購入したところ、産地がまったく異なる商品が届いたとして、消費者が裁判所に訴えた。資料写真。

2018年3月14日、中国新聞網によると、中国のネット販売店からステーキ肉を購入したところ、産地がまったく異なる商品が届いたとして、消費者が裁判所に訴えた。

訴えを起こしたのは、江蘇省徐州市に住む李さん。ネットショッピングで豪州産の高級輸入ステーキ肉を2070元(約3万5000円)で購入したが、届いたのは浙江省杭州市産のステーキ肉だった。販売店と食品会社に何度も連絡を取り、返品を申し出たが、そのどちらからも拒否され、裁判を起こすことにしたという。

李さんは販売店ウェブサイトのスクリーンショットや支払い明細書、商品の包装などを証拠として提出。その後、李さんは販売店に対する起訴は取り下げ、食品会社だけを相手にする裁判とした。

食品会社側は「原材料には豪州から輸入した肉を使用している」と主張したが、裁判所は食品会社からその証拠は提示されず、商品が異なるのは明らかだとし、食品会社の行為は偽装表示による詐欺にあたると指摘。

商品代金の2070元に加え、李さんに損害賠償金として商品代金の3倍の額の6210元(約10万5000円)を支払うように命じる判決を下した。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング